「安さがウリの会社」ほど実はファンが少ない訳

iPhoneが高額でも売れまくるのはなぜか?

以前、ある企業で、ブランドをリニューアルしたときのことです。リニューアルするまで、従業員はそのブランドを「売らされている」と感じている人が多かったのですが、ブランドリニューアル後にヒアリングを行った際、「自ら売りたいブランドに変わった」という声が多く聞かれました。

「売らされている」と「自ら売りたい」と思うのとでは、雲泥の差があります。従業員が「売らされている」と思っていれば、それはお客さんにも伝わるでしょうし、「自ら売りたい」と思えれば、売り上げも大きく変わってくるでしょう。

優秀な人材の確保も楽になる

メリット6:採用が有利になる

ブランド力があれば、その商品やサービスを好きだからそこで働きたいという人も出てくるはずです。つまり、その会社で働きたいという意欲を持った優秀な人材を採用しやすくなるということです。

『ブランディングが9割』(青春出版社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

知らない企業よりは知っている企業に親近感が湧くのも当然ですし、最近では、子供の就職活動に親が介入するとも言われているので、よりブランド認知の高い企業のほうが有利と言えます。また、アルバイト先を「ユニフォームがかわいいから」という理由で選ぶ人もいるそうです。

優良企業であっても、広く認知されていなければ、優秀な人材を確保しづらくなります。しかし、ブランド力が向上することにより、採用コストも下がるし、優秀な人材を確保しやすくなります。優秀な人材は大きな利益を生み出す可能性も高いため、採用の面においても、ブランド力の向上が会社に与える影響は大きいと言えるでしょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT