日経平均が大きく上昇し始めるのはいつなのか

コロナショック後のモミ合いをどう考える?

筆者は、コロナ対策で今までの財政規律や金融政策のタブーを事実上破ってしまっている世界経済の中で、もはや「2番底はない」か、あるいは3月19日からの急騰直後の4月初めの下げで、すでに「変形2番底」を付けてしまったかと考えている。

つまり、今回の上昇エネルギーの充電は、3月~4月の実質1カ月で終わっており、その後の弱気派の空売りの蓄積が、逆に上昇パワーを強めている相場とみている。

万一、今後年内8月(3月から5カ月後)~11月(同8カ月後)で急落(2番底)の局面があったとしても、この習性から言って、その下げは買いのビッグチャンスになるだけだ。

実際、2008年の時は(充電期間終了後)1年間、2012年の時は(同)3年間、2016年の時は(同)2年半、上昇しているという事実がある。過去の経験に照らすなら、もし今回のエネルギー充電期間が4月で終わっているとすると、4月から数えて1年~3年の上昇相場があるということになる。仮に、2番底がこれから来るとすれば、その時点から1年~3年の上昇相場となるということだ。

また、当コラムだけでなく、他のところでも「むやみに空売りだけはするな」と行ってきたが、その理由は、上記の①の日経平均は7000円台、②が8000円台、③が1万5000円割れ、さらに次の時期は確定ではないが現状では1万6000円台と、エネルギー充電期間中の下値が切りあがっているためだ。つまり、短期はともかく、長期的には大きなリスクがあるからだ。

株式投資は一筋縄では捉えられない

これからの相場を「2極化相場」とし、新しい時代では「勝ち組」「負け組」が半々になるとすれば、上場銘柄のうち、買い対象銘柄はざっくりいって約2000もあることになる。

もちろん勝ち組銘柄に乗るのが王道だが、現状の負け組の代表格であるキャノンは先週末、ついに20年来の安値を切ってしまった(10日の終値は2007円)。

「天下のキャノン」が、このままなすすべなく衰退するとは思えない。この辺へ、資金の一部を沈めておくのも手ではないか。

株式投資は一筋縄では捉えられない。「理外の理も学理である」とは、筆者の師である「石井独眼流」(立花証券の故・石井久元社長)の、さらに師匠であるエコノミスト、故・高橋亀吉先生(1891-1977)の言葉である。

米中対立の不透明感の中で、最近は米中2国の株価が最も強いのはなぜか。戦前、高橋亀吉氏は、はやくから世界の潮流をつかみ、当時同じく東洋経済新報社の気鋭の記者だった故・石橋湛山氏(のちの首相、1884-1973)と共に、政府の政策である「実体経済と乖離したままの旧平価による金輸出解禁」には断固反対の論陣を張った「街の経済学者」だった。

今、彼らに、今の相場をどう見るのか聞いてみたいものだ。「過去を忘れよ、過去にとらわれるな。変化を知れ、変化に気づけ」は、師である石井独眼流が書き留めた、高橋亀吉先生の信条である。これらの言葉が、その答えのような気がする。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT