日経平均が大きく上昇し始めるのはいつなのか

コロナショック後のモミ合いをどう考える?

「3つの期間」とは、以下だ。

① 2010年4月の1万1000円台をピークとする相場の前の、下値モミ合いの時期。2008年10月~2009年3月の「リーマンショック底」の時期にあたり、7000円前後から上昇するエネルギーを蓄積した。

② アベノミクス相場の前半の高値である2015年6月24日をピークとする相場の上昇エネルギーを貯め込んだのは、その前の、2011年11月~2012年6月の日経平均8000円台のモミ合いだった。

③ 直近の日経平均の高値は2018年10月2日の2万4448円(終値は2万4270円)だ。このコロナショック前の相場の上昇エネルギーを貯め込んだのが、一時1万5000円割れを下値とする2016年2月~6月のモミ合いだった。

久しぶりに「エネルギー充電期間」に入った

ここで、上昇エネルギーを貯め込んだと思われる時間軸を抜き出すと、

① は2008年10月からの約6カ月間
 ② は2011年11月からの約8カ月間
 ③ は2016年2月からの約5カ月間

となり、一定期間ごとにエネルギーを貯め込んで、その後の相場が作られていたことが分かる。

さて、今回のコロナショックの底値は2020年3月であることは明白であり、ほぼ3~4年周期の「エネルギー充電期間」に入っている。このリーマン以降の相場の習性によれば、本年3月から5カ月から8カ月程度で期間が終わり、上昇に入ることになる。

ただし、この2008年からの相場を経験したベテラン投資家は思い出すはずである。このモミ合い時間軸の「両端(りょうはし)」が1番底と2番底となっており、厳しい2番底でふるい落としにかけられそうになった(あるいは、かけられた)ことを。これが今回のコロナショック相場で、3月からの戻りにおける弱気派の一つの拠り所になっている見方だ。

次ページもう一度「ふるい落とし」はあるのか?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT