その上司の言葉、「思考停止ワード」です

意味があるようで中身がない、”魔法の”言葉たち

「確かに、課長は『理屈を言うな。オレの言うとおりやれ』ってタイプなんですよ」

吉岡「そういう人は、自分のやり方にこだわるから、理詰めで迫る別のスタイルは認めたくない。もっと泥臭いやり方でないとわからないし、評価もしない……。意外に、単純なことかもしれないね」

「あまりムキにならず、聞き流しておけばよかったという気がしてきました」

マジック・ワードを振りかざす上司との付き合い方

吉岡「世間では、コミュニケーション能力というと、『英語・情報メディアを操り、世界と交渉できる。流行に敏感だが流されず果敢にチャレンジ。周囲の気持ちを察して引くときには引ける』みたいなことを言うけど……」

「そんなビジネス・パーソンなら、どこの課でもスターになりますね。きっと、人事部は仕事がなくなって困りますね(笑)。……あれ?」

吉岡「ははは、そう、そんな人はいるわけがないから『人事部』が必要になる。慎重な人は決断に時間がかかる、決断が早い人はおっちょこちょい。このように、人間の長所と欠陥は裏腹だし、どんな人も『完璧な能力』なんて持てない。だから、適材適所という操作も必要になる」

「いいとこ取りする言葉は、必然的に意味がなくなるわけですね。ボクも管理職になったら、気をつけなくっちゃいけませんね」

吉岡「逆に言うと『コミュニケーション能力がない』と言われても、おびえることはない。実際、あなたが言いかけたように、そういう言葉を連発する人のコミュニケーション能力のほうがむしろ問題なのです。ただ、気をつけるべきは、そういう言葉で何か別のことを言おうとしている場合でしょうか。そこはくみ取ってあげたほうが、部下として親切でしょうね」

「課長の言いたかったのは『もっとオレを手本にしてくれ』ということだったのかもしれないですね」

吉岡「自分と同じやり方をしてくれないので、寂しかったのかもしれません。でも、そういう人も『こういうことだけはしない』お手本としての意味があるわけですよ」 

どうでしょう、皆さんにもこんなことは心当たりがあるのでは? ビジネス・シーンでは、ちょっとした言葉のやり取りが大きな誤解を生みます。やみくもに他人の言葉に反応するばかりでなく、言葉や表現の定義や背景をきちんと考えれば、人に言いたいことをきちんと伝えられるし、人間関係も余裕を持って対応できる。それが、ビジネス・パーソンの心構えではないでしょうか。

※次回記事は、5月7日(水)に公開予定です


 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT