その上司の言葉、「思考停止ワード」です

意味があるようで中身がない、”魔法の”言葉たち

「どうして、そんなことになるのですか?」

吉岡「上司は、部下のやっていることに何かコメントしなければいけない立場ですね。何も言わないと、仕事をしていないと思われる。だから、どこかで聞きかじった適当な言葉をつなぎ合わせて、もっともらしいことを言って、仕事をしていることをアピールすることがあるのです」

「でも『コミュニケーション能力不足』って言われると、何かシュンとしませんか?」

吉岡「そこが“マジック”なんですよ。だいたい、コミュニケーション能力って何でしょう? 定義してみましょうよ」

「言葉や態度、表情などを総動員して、他人に自分の伝えたいことを円滑に伝えられる力でしょうか?」

吉岡「で、どうなったら伝えられた、と判断するわけ?」

「営業なら、商談成立したら、言いたいことがうまく伝わったんでしょうね」

吉岡「逆に、どんなに相手との間で話が弾んでも、商談成立しなかったら?」

「失敗ですね」

吉岡「そうやって、評価の基準をハッキリさせるわけです。で、現実と突き合わせてみる。A君、営業成績悪くないんでしたよね? だったら、先の基準なら、コミュニケーションはうまく行っているはずですね」

「でも、課長は『足りない』って……」

吉岡「理屈に合わない。だから、納得がいかないのは当たり前です」

「ん~、いったい、課長は、ボクに何を伝えたいんでしょう?」

吉岡「たとえば、支配欲が強くて、自分のやり方を部下もコピーしてくれないとイヤって人いますよね」

次ページ上司は、本当は何を言いたいのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT