トヨタが「電気自動車」に消極的にみえるワケ

EV普及率を2050年で1割と低く見積もる理由

レクサス初のEV市販モデルとして2019年11月に発表された「UX300e」(写真:トヨタ自動車)

「日本でブランニューの新車導入は10年ぶり。このクルマで、電動化と自動運転技術をリードする」

日産自動車の星野朝子副社長は6月24日、オンラインで開催したコンパクトSUV新型「キックス」の記者発表で、日産の再起にかける思いを示した。同モデルは「ノート」や「セレナ」と同じく、“1.2リッターガソリンエンジンを発電機として使うEV”という触れ込みのe-Powerを搭載する。またアメリカ時間の同日、北米市場の統括会社である北米日産は、7月に発表する新型EV「アリア」のティザー画像を公開した。正式発表は7月15日に横浜の日産グローバル本社で行う。

日産は5月末、自社の決算発表および4カ年中期経営計画と、ルノー・日産・三菱アライアンスにおける新戦略の発表の中で、電動化と自動運転技術の社会実装について、日産が日本市場を最優先して進めると明言している。

一方、トヨタのEVに関する動きは最近、あまり目立たない。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ニュースリリースのバックナンバーで振り返ると、今年(2020年)では、4月2日に中国地場のBYDとEV研究開発合弁会社を設立するという発表のみ。量産型EVついては、2019年11月22日にレクサス初のEV「UX300e」を中国広州モーターショー公開というニュースがあるだけ。日本市場向けでは、2019年10月17日に、1回の充電で約100㎞走行可能な2人乗り超小型EVを「2020年冬を目途に導入する」と発表するにとどまる。

「アリア」のような、本格的EVの日本導入については、噂レベルも含めて今のところトヨタ周辺から話が聞こえてこない。なぜだろうか。

Wait & See=じっくり構える

現在のトヨタと日産のEVへの対応は、 2000年代後半と似ている印象がある。日産が「リーフ」の量産に向けて、EV関連で積極的に投資する姿をトヨタは俯瞰していた。

こうした状況について、トヨタのアメリカ法人幹部は筆者との意見交換した際、トヨタ戦略のモットーを「Wait & See(じっくり構える)」と表現した。

ここでいう「Wait (待つ)」とは、何もしないで待つのではなく、中長期の経営戦略と、それに伴う基礎技術の研究開発を着々と進めながら、「See(状況観察)」して「時を待つ」という意味だ。そして「時」とは、量産車市場からの需要が明確になることを指す。

次ページ中国では「UX300e」や「C-HR EV」を販売するが…
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。