トヨタが「電気自動車」に消極的にみえるワケ EV普及率を2050年で1割と低く見積もる理由

印刷
A
A

話を2020年6月時点に戻そう。トヨタのEV戦略の基本は、2015年10月に公開し、その後に一部改訂された「環境チャレンジ2050」だ。量産型の電動車について、ハイブリッド車(HEV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、EV、燃料電池車という順で2050年に向けて市場が徐々に拡大するという将来図を描く。

トヨタ「環境チャレンジ2050」でのトヨタ電動化普及ロードマップ(写真:トヨタ自動車)

EV普及率は、2050年時点でもトヨタ電動車全体の1割程度とかなり慎重に予測するが、そうした低い見積りの背景には、当面はディーラーから「EVを売りたい」という声が一気に高まることがなく、「規制ありき」の市場の成長には限度があるとの見方がある。そのうえで、「車両電動化技術の特許実施権の無料提供」(2019年4月)を発表し、企業間(B2B)ビジネスとしてEVにもつながる手持ち技術の換金化と、電動化技術に関する世界的なコンソーシアムの構築を着々と進めている。

他方、自動車業界全体を俯瞰すると、ホンダは中型以上のEVで、GMが主導権を握るかたちでEV技術「アルティウム」を共同開発するとしている。また、そのGMは自社ブランドとしてGMC「ハマー」、キャデラック「リリック」などの高級EV量産を決定。フォードは「マスタング マッハE」の2020年夏導入など、アメリカではテスラ包囲網が具体的に動き出している。

欧州では、ジャーマン3(ダイムラー、BMW、フォルクスワーゲン)は、フォルクスワーゲンが2016年に打ち出したEVシフト戦略のもと、大手サプライヤーを巻き込み、来るべきEV時代の主権を狙う。

「EV C.A.スピリット」が握る?

果たしてトヨタが「Wait & See」を踏まえて、日米欧で一気にEV量産化に動くときが来るのだろうか。それとも、日産「アリア」が、そのきっかけを作るのか。また、マツダやデンソーと連携してEV開発進める「EV C.A.スピリット」の実働体制は今後どうなっていくのか。

2019年11月の公開されたトヨタの超小型EV。2020年冬頃に量産化の予定(筆者撮影)

2019年11月、トヨタの東富士研究所で「UX300e」を体験試乗した際、担当エンジニアは「これは既存のUXをEV化したもので、EV開発としてはここまでの話。これから先のトヨタ全体のEVプラットフォーム(基盤)はEV C.A.スピリットが受け持つ」と説明していたのだが……。

コロナ禍での生産調整からの回復基調が見えてきそうな夏以降、改めてトヨタ各方面への取材を進めていきたい。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT