トヨタが「電気自動車」に消極的にみえるワケ

EV普及率を2050年で1割と低く見積もる理由

話を2020年6月時点に戻そう。トヨタのEV戦略の基本は、2015年10月に公開し、その後に一部改訂された「環境チャレンジ2050」だ。量産型の電動車について、ハイブリッド車(HEV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、EV、燃料電池車という順で2050年に向けて市場が徐々に拡大するという将来図を描く。

トヨタ「環境チャレンジ2050」でのトヨタ電動化普及ロードマップ(写真:トヨタ自動車)

EV普及率は、2050年時点でもトヨタ電動車全体の1割程度とかなり慎重に予測するが、そうした低い見積りの背景には、当面はディーラーから「EVを売りたい」という声が一気に高まることがなく、「規制ありき」の市場の成長には限度があるとの見方がある。そのうえで、「車両電動化技術の特許実施権の無料提供」(2019年4月)を発表し、企業間(B2B)ビジネスとしてEVにもつながる手持ち技術の換金化と、電動化技術に関する世界的なコンソーシアムの構築を着々と進めている。

他方、自動車業界全体を俯瞰すると、ホンダは中型以上のEVで、GMが主導権を握るかたちでEV技術「アルティウム」を共同開発するとしている。また、そのGMは自社ブランドとしてGMC「ハマー」、キャデラック「リリック」などの高級EV量産を決定。フォードは「マスタング マッハE」の2020年夏導入など、アメリカではテスラ包囲網が具体的に動き出している。

欧州では、ジャーマン3(ダイムラー、BMW、フォルクスワーゲン)は、フォルクスワーゲンが2016年に打ち出したEVシフト戦略のもと、大手サプライヤーを巻き込み、来るべきEV時代の主権を狙う。

「EV C.A.スピリット」が握る?

果たしてトヨタが「Wait & See」を踏まえて、日米欧で一気にEV量産化に動くときが来るのだろうか。それとも、日産「アリア」が、そのきっかけを作るのか。また、マツダやデンソーと連携してEV開発進める「EV C.A.スピリット」の実働体制は今後どうなっていくのか。

2019年11月の公開されたトヨタの超小型EV。2020年冬頃に量産化の予定(筆者撮影)

2019年11月、トヨタの東富士研究所で「UX300e」を体験試乗した際、担当エンジニアは「これは既存のUXをEV化したもので、EV開発としてはここまでの話。これから先のトヨタ全体のEVプラットフォーム(基盤)はEV C.A.スピリットが受け持つ」と説明していたのだが……。

コロナ禍での生産調整からの回復基調が見えてきそうな夏以降、改めてトヨタ各方面への取材を進めていきたい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT