南アフリカ現地ルポ--勃興する黒人中間層、黒いダイヤの光と影



 また、さまざまな規制をかけながらも、外国からの投資を歓迎する政策を取り、07年までに累積で7519億ランド(約8兆3000億円)の直接投資を呼び込むことに成功した。そのうち旧宗主国の英国が7割を占める最大のカネの出し手だ(南ア準備銀行調べ)。

「アパルトヘイト時代からの遺産」と「国際社会復帰後の英国からの直接投資の増加」。この二つに、世界的な資源ブームが組み合わさることで、南アは過去数年にわたり、年率5%前後の経済成長を記録した。しかも、BEE政策により黒人は優遇されている。

こうして勃興したのが、「ブラック・ダイヤモンド」と呼ばれる黒人中間層。かつては一律に貧しかった黒人の一部が、同国の消費経済の牽引車へと育ち、ダイヤモンドのような光を放っているのだ。

ソウェト内には続々とショッピングセンター

ブラック・ダイヤモンドの消費パワーを象徴するのが、ソウェトに立て続けに建設されたショッピングセンターだ。06年5月の「バラ・モール」を皮切りに、08年には地域最大の「マポーニャ・モール」がオープン。今では七つほどのショッピングセンターがソウェト内で人気を集めている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT