南アフリカ現地ルポ--勃興する黒人中間層、黒いダイヤの光と影



 また、さまざまな規制をかけながらも、外国からの投資を歓迎する政策を取り、07年までに累積で7519億ランド(約8兆3000億円)の直接投資を呼び込むことに成功した。そのうち旧宗主国の英国が7割を占める最大のカネの出し手だ(南ア準備銀行調べ)。

「アパルトヘイト時代からの遺産」と「国際社会復帰後の英国からの直接投資の増加」。この二つに、世界的な資源ブームが組み合わさることで、南アは過去数年にわたり、年率5%前後の経済成長を記録した。しかも、BEE政策により黒人は優遇されている。

こうして勃興したのが、「ブラック・ダイヤモンド」と呼ばれる黒人中間層。かつては一律に貧しかった黒人の一部が、同国の消費経済の牽引車へと育ち、ダイヤモンドのような光を放っているのだ。

ソウェト内には続々とショッピングセンター

ブラック・ダイヤモンドの消費パワーを象徴するのが、ソウェトに立て続けに建設されたショッピングセンターだ。06年5月の「バラ・モール」を皮切りに、08年には地域最大の「マポーニャ・モール」がオープン。今では七つほどのショッピングセンターがソウェト内で人気を集めている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT