インドで働く日本人社員をいかにケアするべきか?-第3回(最終回)「セキュリティと健康」編

インドで働く日本人社員をいかにケアするべきか?-第3回(最終回)「セキュリティと健康」編

先進国を尻目に経済成長の続くインド。今後、インドへ進出する日本企業は増加するに違いない。しかし、苛酷な環境下で日本人社員の心身の健康を守りながら、モチベーションを維持させるのは容易なことではない。

三菱化学・人事部労制グループ・後藤啓グループマネジャーにインドにおける日本人社員のマネジメントについて聞いた。


--家族の生活も大変そうですね。

90%が単身赴任です。会社として家族帯同は勧めません。

勧めない理由の第1は医療の問題です。現地には日本語の通じる病院がありません。英会話が堪能な人でも医療用語はわからず、医師との意思疎通がうまくいかない場合があります。

特に、子どもが病気になった時は日本語が通じなければどうにもなりません。

第2の理由は子どもの学校です。デリーやムンバイには日本人学校がありますが、ハルディアはもちろん、コルカタにも日本人学校はありません。インターナショナルスクールはありますが、日本人の希望にかなう教育環境とはいえません。

家族を連れて来たい場合は、まず社員本人が先に赴任し、生活環境を確かめてから呼び寄せるようにさせていました。私の家内も任期最後の1年間はインドに住みました。

健康診断は年に2回

--医療面のサポートは?

インドへ行く前にA型肝炎、B型肝炎、破傷風、狂犬病の予防接種を受けさせます。野犬がよくうろうろしているので、狂犬病には要注意です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT