インドで働く日本人社員をいかにケアするべきか?-第3回(最終回)「セキュリティと健康」編

拡大
縮小


また、弊社では健康診断は通常、年1回ですが、インド駐在員は年に2回受けることができます。インドの病院ではなく、日本かシンガポールで受診します。

現地の病院は医療技術よりも衛生管理面で不安がありました。それでも、コルカタで最高レベルにある病院にはあいさつに行き、日本人社員に対する特別な配慮をお願いしておきました。

--精神的にリフレッシュする場所はありますか?

ハルディアにお酒を飲む場所はありますが、音楽すらかかっていません。お酒や料理を運んでくるのは男性従業員です。東南アジアのように女性従業員のいる飲み屋はありません。飲み屋で女性が働くという文化がないようです。

コルカタには生バンドが演奏するバーはありますが、日本的なカラオケ屋のようなものはありませんでした。

外食や買い物をする時は、コルカタの高級ホテルへ行く人が多かったようです。

ゴルフ場も自社で作った

--娯楽はどのようなものがありますか?

インドでは工場の周囲に緑地帯を設置しなくてはなりません。そこで、その緑地帯を利用して6ホールのゴルフ場を建設しました。また社宅の庭に打ち放しの練習場を作りました。

そのほか、社宅内でテニスをしたり、プールに入ることはできます。また麻雀を楽しむ人もいました。昭和の娯楽といった感じですね。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT