「白人声優の降板」歓迎するアメリカの特殊事情

「黒人のチャンスを奪う時代」はもう終わりだ

「Black Lives Matter」運動の余波から、アニメ番組から降りる白人声優が続出しています(写真:Alberto E. Rodriguez/Getty Images)

人種平等を求める「Black Lives Matter」運動の余波が、アメリカ各地に広がっている。最近では、アニメの声優を誰が務めるのかに焦点が当たった。人気アニメ番組の製作者や声優が立て続けに、「白人声優が有色人種キャラクターの声を担うのは不適切だからやめる」と言い出したのだ。

6月26日、放映開始から30年の長寿アニメ『ザ・シンプソンズ』のプロデューサーがその意向を発表。6月27日には、放映開始20年の『ファミリー・ガイ』で黒人キャラクターの声を担当してきた白人声優のマイク・ヘンリーが、ツイッターで降板を発表した。

彼らのほかにも、女優のクリステン・ベルがAppleTV+の『セントラル・パーク』から、ジェニー・スレートがNetflixの『ビッグマウス』から、それぞれ有色人種のキャラクターの声を降板。アリソン・ブリーも、Netflixの『ボージャック・ホースマン』でベトナム人のキャラクターの声を担当してきたことに対して謝罪のメッセージを送っている。

いくら人種平等が大事だからと言って、何もそこまで目くじら立てなくてもと思う人もいるかもしれない。だが、今回の騒動はさまざまな意味で当然のことであり、むしろ遅すぎた対応ともいえるのだ。

なぜ「白人声優の降板」が当然なのか?

まず1つに、そもそもハリウッドには「有色人種のための役がとても少ない」という背景がある。有色人種のキャラクターを顔が見えないからといって白人に任せてしまうと、ただでさえ恵まれない有色人種の声優たちのチャンスがさらに奪われてしまう。

2つ目は、もっと根本的な問題だ。有色人種のキャラクターが白人の声でしゃべることは不自然なのである。というのも、そもそも白人と黒人は声質が異なる。もし電話越しで顔の見えない状態で話したとしても、相手が白人か黒人かどうかはすぐわかる。

なのに、これまで作り手はわざわざ白人声優を起用し、黒人の声真似をさせていたのだ。これはある意味、有色人種に対するステレオタイプを増長させる行為でもあり、つまり、2重、3重の侮辱でもある。

次ページなぜ『ライオンキング』は黒人キャストで固められたか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。