「現金大国ニッポン」の根強さを示す決定的証拠

キャッシュレス推進派に不都合な真実

現金が落ちた分、増えたのが、電子マネーとコード決済だ。それでも電子マネーは10%が増税後に16~17%になっただけで、その後は横ばい。コード決済も3%未満だったものが、増税後に5%を超え、2月以降は7%を超えるようになったが、その後は横ばい、もしくは若干低下ぎみだ。

電子マネーやコード決済は利用率こそ増税後に大きく伸びたが、「もっぱら小額決済にしか使われておらず、高額の決済は相変わらず現金とクレジットカード」(インテージの駒崎幹拓・市場調査アナリスト)というわけだ。

クレカは高額支払いに利用

「回数シェア」は、調査期間中のレシート枚数を集計したもので、各決済手段の合計レシート枚数を、調査期間中に買い物をしたモニターのレシート総数で割って算出している。レシート枚数による集計なので、1回に買った金額の多寡は反映されない。

この指標では、現金の比率が4割台に乗る一方、クレジットカード・デビットカードは2割台。金額シェアでは拮抗しているのに、レシート枚数で差が出てしまう状況からは、1回当たりの買い物金額が高額の場合はクレジットカードで支払うが、そうでなければ現金払いを選んでいる消費者の姿が浮かび上がる。

電子マネーやコード決済の利用率は伸びたとはいえ、派手な宣伝やキャンペーンから受ける印象とは異なり、現金やクレジットカードに比べて、利用している人数も、利用金額も、利用頻度もまだまだ少ない。

新型コロナ禍が「現金は誰がさわったかわからないもの」であることを知らしめたはずだが、それでも日本人の現金志向は揺るがなかったということだろう。「現金大国ニッポン」は健在だ。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。