現金払いやめて「お金殖える」ポイント還元の肝

超低金利の普通預金よりはるかに家計を助ける

キャッシュレス決済でポイントをうまく攻略すれば家計を助けられます(写真:Panya_sealim/iStock)
新型コロナウイルスが猛威を振るうなか各キャッシュレス決済のポイント商戦にも変化が表れています。消費増税に伴いはじまった最大5%ポイント還元となるキャッシュレス・ポイント還元事業を筆頭に、コロナウイルスの影響が色濃い今、各社のポイント商戦を攻略する方法はあるのでしょうか。
キャッシュレス決済を利用すればポイントも現金も貯められます。『あきの新ズボラ家計簿』の著者、あきさんが「コロナで外出自粛が続く今の時期のポイント攻略法」を解説します。

投資や貯金より確実に貯まるポイント

新型コロナウイルスの影響による株価の乱高下は、これまでコツコツと投資を続けてきた人を青ざめさせたでしょう。また、言わずと知れた銀行の普通預金の金利は三大メガバンク(三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ)は0.001%(2020年4月17日現在)で横並び。定期預金にしても0.002%の低金利が続いています。 

投資をすれば元本が減るリスクもあり、超がつくほどの低金利により銀行に預金をしてもほとんど増えませんが、一方でキャッシュレスによるポイント還元は年利2~3%は確実。キャッシュレス・ポイント還元事業やお得なキャンペーンなどを活用することで5倍、10倍、20倍のポイントや割引がつくこともあります。

例えばキャッシュレス決済の金額を年間100万円にすれば2%還元でも2万円、もし年間300万円にして年間6万円のポイントがつけられれば月5000円分の収入が増えたのと同じことになります。これは誰でもノーリスクで事実上、お金が殖やせる技なのです。

(出所:「あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」)
次ページ外出自粛が続く今こそキャッシュレス
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT