現金払いやめて「お金殖える」ポイント還元の肝

超低金利の普通預金よりはるかに家計を助ける

キャッシュレス決済でポイントをうまく攻略すれば家計を助けられます(写真:Panya_sealim/iStock)
新型コロナウイルスが猛威を振るうなか各キャッシュレス決済のポイント商戦にも変化が表れています。消費増税に伴いはじまった最大5%ポイント還元となるキャッシュレス・ポイント還元事業を筆頭に、コロナウイルスの影響が色濃い今、各社のポイント商戦を攻略する方法はあるのでしょうか。
キャッシュレス決済を利用すればポイントも現金も貯められます。『あきの新ズボラ家計簿』の著者、あきさんが「コロナで外出自粛が続く今の時期のポイント攻略法」を解説します。

投資や貯金より確実に貯まるポイント

新型コロナウイルスの影響による株価の乱高下は、これまでコツコツと投資を続けてきた人を青ざめさせたでしょう。また、言わずと知れた銀行の普通預金の金利は三大メガバンク(三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ)は0.001%(2020年4月17日現在)で横並び。定期預金にしても0.002%の低金利が続いています。 

投資をすれば元本が減るリスクもあり、超がつくほどの低金利により銀行に預金をしてもほとんど増えませんが、一方でキャッシュレスによるポイント還元は年利2~3%は確実。キャッシュレス・ポイント還元事業やお得なキャンペーンなどを活用することで5倍、10倍、20倍のポイントや割引がつくこともあります。

例えばキャッシュレス決済の金額を年間100万円にすれば2%還元でも2万円、もし年間300万円にして年間6万円のポイントがつけられれば月5000円分の収入が増えたのと同じことになります。これは誰でもノーリスクで事実上、お金が殖やせる技なのです。

(出所:「あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」)
次ページ外出自粛が続く今こそキャッシュレス
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。