次の民主党「副大統領」かつてないほど重要な訳

バイデンにとっては副大統領以上の存在に

民主党の大統領候補、ジョー・バイデンが副大統領候補に選ぶのは誰か(写真:REUTERS/Jonathan Ernst)

誰がジョー・バイデンの副大統領候補となるのか。この問いへの答えが、今年の大統領選挙戦の残された期間、バイデン政権が実現した場合の政策の方向性、そして2024年以降の民主党の未来がどのようなものになるのかについて多くを明らかにするだろう。さまざま意味で、バイデンによる副大統領候補の選択は近年のアメリカの歴史におけるどの選挙よりも重要なものになるかもしれない。

副大統領を選ぶ5つの基準

バイデンにとって、副大統領候補を選ぶにあたっては次の5つの基準が重要となるだろう。

①11月3日の選挙で誰ならば最もバイデンの勝利を助けることができるか、②バイデンが勝利するとして、誰が最もバイデンを副大統領としてホワイトハウス内でサポートすることができるか、③バイデンが大統領任期中に職務の遂行ができなくなった場合に、誰が代わりの大統領として最も準備ができているか? ④2024年の大統領選挙に出馬して、民主党に次世代のリーダーシップをもたらすのに誰が最も適任か、⑤バイデンが「シンパティコ (相性のよさ)」を感じるのは誰かーー。

6月半ば時点では、以下の11人(アルファベット順)が主要な副大統領候補と見られている。

ステイシー・エイブラムス 元ジョージア州議会議員(46)、 タミー・ボールドウィン ウィスコンシン州選出上院議員 (58)、 ケイシャ・ランス・ボトムズ アトランタ市長(50)、バル・デミングズ フロリダ州選出下院議員(63)、 タミー・ダックワーズ イリノイ州選出上院議員(52)、ミシェル・ルーハン・グリシャム ニューメキシコ州知事(60)、 カマラ・ハリス カリフォルニア州選出上院議員(55)、ジーナ・ライモンド ロードアイランド州知事(49) 、スーザン・ライス 元国家安全保障会議議長・大統領補佐官(55)、エリザベス・ウォーレン マサチューセッツ州選出上院議員(71)、そして、グレッチェン・ホイットマー ミシガン州知事(48)

エイブラムス、ボトムズ、デミングズ、ハリス、およびライスはアフリカ系アメリカ人、ダックワーズはアジア系アメリカ人、グリシャムはラテン系である。

バイデンが2月29日に開催されたサウスカロライナ州の予備選挙を勝利した後、民主党は一丸となってバイデンを支援することにした。バーニー・サンダース上院議員ではなく、バイデンにこそ11月3日の大統領選挙でトランプに勝利するチャンスが最もあると感じたからというのがその理由のひとつだ。

次ページ77歳、白人男性バイデンの「弱み」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT