コロナ禍のロシア、7月1日正念場のプーチン

モスクワはピークアウトも地方に感染広がる

2月夜のクレムリン(筆者撮影)

2月の終わりから3月にかけて、プーチンとクレムリンの政治マシーンは憲法改正の最終的な仕上げにかかっていた。プーチンが1月の年次教書で提案した内容は以下のとおりである。

①大統領任期を2期に制限する、②下院議会・国家院に首相の指名、副首相、大臣の任命についてこれまでよりも強い権限を与える、③地方の知事などで構成される国家評議会を、内政外交の基本方針を策定する憲法上の公式の機関とする。

これまでの大統領任期はカウントしない

大統領中心の国家体制を維持しながら、権力のバランスを多角化する改正である。この当初案の通りであるならプーチン大統領の任期は2024年までの今期で最後となる。しかし2月の終わりに、クレムリン政治のベテランで内政を隅々まで知り尽くしたスルコフ前補佐官が爆弾発言をした。

「憲法の政治システムを大幅に変えるのであるから、これまでの大統領任期は新たな改正憲法での2期に含まれるべきでない」

ロシア語では"オブヌレーニエ"。いわばこれまでの任期を「チャラにする」という提案だ。クレムリン周辺から観測気球を上げたのである。そして3月10日、オブヌレーニエを世界最初の女性宇宙飛行士であるテレシュコワ下院議員が提案し、憲法改正案が最終的に議会で承認された。

プーチンが全国投票を4月22日に決定したのは3月17日だ。クレムリンはタス通信によるプーチンへのインタビューを次々と発表して、国民投票をプーチン大統領の信任を問う投票と位置づけ、プロパガンダマシーンは全速力で動き始めていた。

3月19日に発表されたインタビューでは、プーチンは2024年以後何をするつもりかと聞かれて、「権力の源泉は国民であり、国民の気持ち次第だ」と答えている。プーチンはこの時は2024年以降も、大統領として続投するかしないかにかかわらず、自らのイニシアチブで政治を動かす確信を持っていた。しかしそのころ足元のモスクワでは、新型コロナウイルスが水面下で蔓延していたのである。

次ページモスクワでコロナ感染爆発
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT