「高卒認定試験」という道を選択した人のリアル

「高校に行く」だけが正解じゃない

――高認合格後は?

(イラスト:不登校新聞)

大学へ行きたいとか、明確な目標のために高認を受けたわけではないので、1年ぐらいフリーターをしていました。

親戚が海外に住んでいるというツテもあったので留学もしましたが、家庭の事情もあって21歳のときに日本に戻りました。

そのときには「保育士になりたい」という目標があったので、夜間の専門学校を探し、昼間は働きながら専門学校に通いました。

日本に帰ってきたのが5月ということもあってすぐに入学できなかったんですけど、書類の準備だけで翌春に入学できたという意味では、高認を取っておいて損はなかったなと思いましたね。

22歳で専門学校

――なぜ保育士の道を?

これも母の影響なんですけど、「手に職をつけろ」とずっと言われていたんです。

それに、不登校をしていたときに知り合いの子どものベビーシッターをやっていた経験もあって仕事として興味があったし、「今からでも挑戦できるかも」と思ったのがきっかけです。

とはいえ、専門学校もいろいろきつかったです。働きながら3年間通うということで体力的にも大変だったし、なんだかんだ言っても学校なので、雰囲気も苦手でした。

それに、女性だけのクラスということで人間関係も複雑だし、いじめもありました。いじめる側になるというのも初めて経験したし、私がいじめの対象になることもありました。

ただ、そのとき私は22歳と、現役で入ってきたほかの生徒より少し年上だったというのが救いになったなと思います。

人間関係のいざこざがあっても「私は保育士の資格を取りに来ているだけだから」と、なかば強制的に割り切って物事を考えるだけの余裕ができていたからです。

10代のときに同じことができたかといえば自信がないですし、もしかしたら続かなかったかもしれません。

(資料:不登校新聞)

表現が適切ではないかもしれないけど、高認は私にとって「ショートカット」だったなって思うんです。

高校に3年間通うことで青春したり、勉強だってきちんと学べると思うけど、まだよく見えていない将来のために無理して「高校に通わなくちゃ」って思わなくてもいいんじゃないかって。

大学や専門学校へ行くか、働くか。15歳になったから、18歳になったからってすぐに決める必要はないし、とりあえず高認に受かった後で、今後どうするかを考えてみるというのも1つの手段だと思うんです。

そういう見方で高認というものを検討してもいいんじゃないかなって。

私のように、一気に全部合格しようとせず、1冊の参考書をひたすら解くというのも1つのやり方だと思います。

最初のうちは「100点を取らなきゃ」とさんざん気負っていたのであまり軽々しく言えないんですけど「クイズを受けに行く」というぐらいの気構えで臨むというのも大事だなって思います。

――ありがとうございました。

(聞き手・小熊広宣)

不登校の関連記事
東大大学院から6年半、ひきこもった僕が今思うこと
『ツレがうつになりまして』の作者が苦しんだ自分への否定感
共働き家庭と不登校、小4でも親不在ですごせる方法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT