「高卒認定試験」という道を選択した人のリアル

「高校に行く」だけが正解じゃない

「高認はショートカットだった」と言う、高認経験者の大崎梨加さんにその真意をうかがった(イラスト:不登校新聞) 
文科省が年2回実施している「高等学校卒業程度認定試験」(以下、高認)。合格すると、高校卒業と同程度の学力があると認められる。高認経験者に当時のようすやその後について、大崎梨加さん (仮名・27歳)にお話をうかがった。

高認を取ったきっかけ

――現在のご職業からお聞かせください。

保育士として勤務しています。現在はコロナウイルスの影響もあって、在宅勤務もこなしつつという毎日です。

当記事は不登校新聞の提供記事です

――不登校のいきさつは?

私が学校へ行かなくなったのは中学1年生の4月なので、中学は2週間くらいしか通っていません。

生徒の数が急に増えたとか、自分の名前をからかわれたとか、勉強が難しいとか、今になってみれば理由はいろいろ思いつきますが、当時は「とにかく行きたくない」という気持ちでいっぱいでした。

――高認を取ろうと思ったきっかけは?

高認を受験したのは19歳のとき、いちばんの理由は母からのプレッシャーですね。

不登校になった後は3年くらい家でひきこもっていたんですけど、それを心配した母親がフリースクールを見つけてきてくれて。

そこで過ごした時間は楽しかったんですけど、母からは「せめて高校は出てほしい。それが無理なら高認を取ってほしい」とよく言われていて。

当時は、大学へ行きたいとかこの仕事に就きたいとか考えたことはなかったんですけど、「いつまでもここに居るわけにはいかない」と思っていたし、何より中卒のままでいることが怖かったんです。

もちろん、高認に受かっただけでは最終学歴は中卒のままということは知っていましたが、最低限の安心がほしかったんです。

なので、フリースクールは高校を卒業する18歳で辞めると決めてから高認の勉強を始めて、2年かけて合格することができました。

次ページ高認の勉強を始めるうえで不安は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT