中国人の「爆買い」再燃、巨大ECセールの舞台裏

ライブコマースも駆使し消費者を取り込む

業界2位のJD.comはセール最終日の6月18日に香港で上場を果たした(写真:AP/アフロ)

「海外ではアリババのECセール『独身の日(ダブルイレブン)』ばかり注目されるけど、中国では当社の618セールも有名なんですよ」

アリババに次ぐ中国2位のEC企業、JD.comの広報担当者が筆者にそう話したのは2年前のことだ。当時、JD.comは「業界2位」から抜け出す戦略の一環として国際広報部署を設立し、海外での知名度向上に取り組んでいた。だがその後も、JD.comが6月に開催する618セールは、アリババのセールに比べると影が薄かった。

2020年、どちらかという地味だった618セールに光を当てたのは、同社の努力ではなく新型コロナウイルス発生だった。618に限らずネットセールはこの数年マンネリ化し、毎年話題づくりに苦心していたが、今年は「アフターコロナの消費回復」をスローガンに、中国全土を挙げたお祭りになっている。

JD.comのふんどしで相撲を取るアリババ

とにかく今年の618セールは話題尽くしなのだが、その中でも象徴的な傾向をいくつか紹介したい。

まず、このセールは本来JD.comのセールだが、今年は4大EC企業(JD.com、アリババ、拼多多、蘇寧易購)が全力で取り組み、中でもいちばん前のめりになっているのがアリババという点だ。

同セールは例年6月1日から18日まで行われるが、アリババが運営するECサイトTモールは今年、セール期間を5月25日から6月20日までと長めに設定。毎日のように盛り上がりを示す数字を公表した。

具体的には、

・6月1日、午前10時時点でTモールの売上高が前年同日の全日分を超えた。同日にはスポーツ・アウトドア商品の取引額が45秒で1億元(約15億円)、女性向けアパレルが2分で1億元を突破した。ブランド別ではナイキが2分59秒で売り上げ1億元に達した。
・16日には、iPhone、iPad、Mac、AirPodsなどアップル製品の半日の取引額が前年同日の1日分を上回った。
・6月12日から始めた「愛家日」(インテリアなどのセールイベント)は、開始1時間で取引額が前年同日の16倍に増えた。

という感じだ。

Tモールは19日、6月18日までの取引額が過去最高の6982億元(10兆6000億円)に達したと発表した。この額は、2019年11月の独身の日セールのTモール取引額の2684億元(約4兆円)を大きく上回る。

次ページ「爆買い」の原動力となった消費券
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。