中国人の「爆買い」再燃、巨大ECセールの舞台裏

ライブコマースも駆使し消費者を取り込む

業界2位のJD.comはセール最終日の6月18日に香港で上場を果たした(写真:AP/アフロ)

「海外ではアリババのECセール『独身の日(ダブルイレブン)』ばかり注目されるけど、中国では当社の618セールも有名なんですよ」

アリババに次ぐ中国2位のEC企業、JD.comの広報担当者が筆者にそう話したのは2年前のことだ。当時、JD.comは「業界2位」から抜け出す戦略の一環として国際広報部署を設立し、海外での知名度向上に取り組んでいた。だがその後も、JD.comが6月に開催する618セールは、アリババのセールに比べると影が薄かった。

2020年、どちらかという地味だった618セールに光を当てたのは、同社の努力ではなく新型コロナウイルス発生だった。618に限らずネットセールはこの数年マンネリ化し、毎年話題づくりに苦心していたが、今年は「アフターコロナの消費回復」をスローガンに、中国全土を挙げたお祭りになっている。

JD.comのふんどしで相撲を取るアリババ

とにかく今年の618セールは話題尽くしなのだが、その中でも象徴的な傾向をいくつか紹介したい。

まず、このセールは本来JD.comのセールだが、今年は4大EC企業(JD.com、アリババ、拼多多、蘇寧易購)が全力で取り組み、中でもいちばん前のめりになっているのがアリババという点だ。

同セールは例年6月1日から18日まで行われるが、アリババが運営するECサイトTモールは今年、セール期間を5月25日から6月20日までと長めに設定。毎日のように盛り上がりを示す数字を公表した。

具体的には、

・6月1日、午前10時時点でTモールの売上高が前年同日の全日分を超えた。同日にはスポーツ・アウトドア商品の取引額が45秒で1億元(約15億円)、女性向けアパレルが2分で1億元を突破した。ブランド別ではナイキが2分59秒で売り上げ1億元に達した。
・16日には、iPhone、iPad、Mac、AirPodsなどアップル製品の半日の取引額が前年同日の1日分を上回った。
・6月12日から始めた「愛家日」(インテリアなどのセールイベント)は、開始1時間で取引額が前年同日の16倍に増えた。

という感じだ。

Tモールは19日、6月18日までの取引額が過去最高の6982億元(10兆6000億円)に達したと発表した。この額は、2019年11月の独身の日セールのTモール取引額の2684億元(約4兆円)を大きく上回る。

次ページ「爆買い」の原動力となった消費券
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT