コロナ太りは「朝」で解消!腹が凹む5大秘訣

朝食、運動…「朝の過ごし方」がポイントです

「コロナ太り」解消する、5つの「朝の過ごし方」をご紹介します(写真:pixpanjp/PIXTA)
内科、循環器科の専門医として、数多くの患者と日々接している医学博士の池谷敏郎氏。血管、心臓などの循環器系のエキスパートとして「モーニングショー」(テレビ朝日)、「深層NEWS」(BS日テレ)などテレビにも多数出演しているが、過去15キロ以上の減量に成功し、58歳でも体脂肪率10.6%を誇ることはあまり知られていない。
その減量メソッドを全公開した著書『50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える内臓脂肪を落とす最強メソッド』が『中居正広の金曜日のスマイルたちへ 』(TBS系列、9月11日放送)でも紹介され、13万部のベストセラーになっている池谷氏が、『朝で決まる! 自粛の「コロナ太り解消法」5つの秘訣』について解説する。

新たな問題のひとつになりつつある「コロナ太り」

いま、世界中で闘っている新型コロナウイルス。

『50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える内臓脂肪を落とす最強メソッド』は13万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

この感染を抑えるためには、「外に出ないこと」がいちばん大切なことです。しかしずっと家にいると、どうしても運動不足は否めません。この「コロナ太り」対策も、いま大きな問題になっています。

新型コロナウイルスに負けないように、しっかり食べて健康を保ちたいと思いながらも、家の中だとできる運動も限られてしまいますよね。日ごろからダイエットを心がけている人はもちろんですが、いままでとくに気にしていなかった人でも、この時期の「体重の増加」に不安を抱いているのではないでしょうか。

しかし、運動で解消することだけに頼らず「朝の過ごし方」の工夫をプラスすれば、体重の増加をしっかり抑えることができます。そして、それは今日からできるものです。

では、その「朝の過ごし方」とはどのようなものでしょうか。ここではその解消法5つを紹介します。

次ページ「朝寝坊」していませんか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT