コロナ太りは「朝」で解消!腹が凹む5大秘訣

朝食、運動…「朝の過ごし方」がポイントです

最後は、「朝食後の運動に、軽く運動する」ことです。

【5】朝食の「30~60分後に」「10分程度」軽く運動する

食後の運動はぜひ取り入れていただきたいのですが、運動のタイミングは、専門家によっても意見が分かれるところです。

私のおすすめは「食後30~60分後」です。これは血糖値の上昇を抑えるためです。血糖値は、食後1時間前後に最も高くなります。血糖値が高くなるとインスリンが出て、血糖を細胞内に取り込みます。このときエネルギーとして消費されなかった分は、肝臓に蓄えられたり、脂肪細胞にため込まれたりします。

食後に運動をすれば、血中のブドウ糖をエネルギーとして使うので、血糖値を下げることになり、脂肪が蓄積されにくくなるのです。だから、運動するなら「食後30~60分後」を私はおすすめしています。「では、『食後すぐ』のほうがいいのでは」と思う方もいらっしゃると思いますが、消化のために30分は体を休ませてあげましょう

その後、30分くらいまでの間に体を動かすのがといいのですが、運動といっても激しい運動をする必要はありません。腹が凹む!「コロナ太り解消」簡単な運動3秘訣でも紹介しているように、軽い有酸素運動を10分程度すればOKです。

「外出自粛」のいまこそ、朝食の後の時間を有効に使って「コロナ太り」を解消していきましょう。

上手な朝の過ごし方で「心身ともに健康」に

仕事もテレワークだったり自宅待機だったりすると、朝の通勤がないので、つい朝寝坊をしてしまいがちです。しかし、「朝寝坊せずいつもと同じ時間に起きて、きちんと朝食を食べる」ことが、「コロナ太り」解消につながるのです。

いままで以上に健康を維持する努力が大切なこの時期、「朝の過ごし方」に、少し気をつけるだけで「コロナ太り」で内臓脂肪をため込まず、心身ともに健康に過ごすことができます

ちょっとした「朝の過ごし方」で、内臓脂肪を減らし、お腹を凹ませることは十分可能です。「正しい知識」を身に付け、皆さんが「コロナ太り」から抜け出し、心と体が健康な毎日を送ることを、医師として心から望んでいます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT