甚大化する水害に今からできる「自宅」の備え

大型台風・集中豪雨にどんなリスクがあるか

甚大化する「水害」に今からできる自宅の備えとは? リスクや対策、確認しておくべきポイントなどを解説します(写真:bee32/iStock)

異常気象によって、梅雨前線の活動が活発化して記録的な大雨になったり、台風が大型化してより広い範囲で暴風、大雨、高潮をもたらしたりして、近年は水害が甚大化している。本格的な雨のシーズンに入ったことで、心配している人も多いことだろう。

梅雨前線や台風による集中豪雨が起きると、地形によってリスクも異なるが、急傾斜地や渓流付近では「土砂災害」、河川の周辺では河川の氾濫による「洪水」、都市部で周辺の土地より低い場所では「浸水※」するリスクがある。

※大雨などが下水道の排水能力を超えたり、河川の増水などで排水が阻まれたりした場合に発生する浸水で、内水氾濫とも呼ぶ。

一気に高まる水害リスクに注意

こうした水害のリスクは、雨の強さと降り方が関係する。「1時間に10mmの雨量」なら大したことはないと思うかもしれないが、雨水が別の場所に流れずに、「1時間に10mmの高さまで溜まる」規模を意味する。天気予報では「やや強い雨」と表現されるが、このレベルの雨でも長く降り続けば注意が必要になる。

「強い雨」や「激しい雨」になると、水害のリスクが高くなり、地域や総雨量によって注意報などが発表されることもある。

(出所)気象庁「大雨や台風に備えて」

気象庁は、大雨で災害が起こるおそれのあるときには「大雨注意報」や「洪水注意報」を、重大な災害が起こるおそれのあるときは「大雨警報」や「洪水警報」を、さらに重大な災害が起こるおそれが著しく大きいときは「大雨特別警報」を発表する。

また近年多く見られる、数年に1度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測・解析したときには「記録的短時間大雨情報」を発表する。これらが発表される基準は地域によって異なるので、気象情報をこまめに確認して、必要なら避難をすることが大切だ。

次ページ浸水するとあなたの住宅はどうなる?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT