北朝鮮、連絡事務所「爆破」に出た本当の理由

実利と感情で韓国に仕掛けた正面突破作戦

北朝鮮が南北共同連絡事務所を爆破し、朝鮮半島の緊張が高まっている。写真は開城工業地域につながる橋上で警戒に立つ兵士(写真:ロイター/アフロ)

6月16日、北朝鮮は韓国に対して実力行使に出た。

北朝鮮の古都・開城市にある南北共同連絡事務所を爆破し、今後も軍事面での後続措置をとると発表した。爆破された連絡事務所は2018年に3回にわたって行われた南北首脳会談の合意によって設置された。いわば、南北融和の象徴的な存在だった。

今回、北朝鮮はなぜこのような強硬な措置に出たのか。これまでの北朝鮮の動きを見ると、2つの理由が見えてくる。1つは、現状を打開し、朝鮮半島情勢での主導権を握るという「実利」。もう1つは自国のプライドを傷つけられたという「感情」面での鬱憤の解消だ。

韓国からのビラに強く反発

この2つは両極端のように見えるが、実はつながっている。感情面から考えてみよう。

16日の連絡事務所爆破は、4日に北朝鮮の金与正・朝鮮労働党第1副部長が発表した談話でクローズアップされた。これに先立つ5月31日、韓国の脱北者を中心とした市民団体が北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長とその体制を批判する内容を記したビラを気球に乗せて散布した。金与正氏の談話は、これに強く反発するものだった。

北朝鮮の体制を批判するビラは、2003年ごろから北朝鮮に向けて散布され続けてきた。ビラだけでなく、アメリカドルや中国人民元の紙幣、時にはコメも一緒に散布されたことがある。そして、北朝鮮は散布のたびに抗議を続けてきた。

これに対し韓国政府は、ビラ散布は民主主義社会で許された行為であり、ビラの内容も言論の自由に属すると主張し、北朝鮮からの抗議に対応しようとしなかった。

韓国の態度に業を煮やした北朝鮮は、2014年には気球めがけて発砲したこともある。だが、北朝鮮が今回ほど強硬な姿勢で抗議の意を示したことはなかった。それは、今回撒かれたビラが「人民を代表する最高尊厳=金委員長」を耐えがたいほど冒涜していると捉えているためだ。

次ページビラには何が書かれていたのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT