一人っ子男性が「結婚」に縁遠い傾向にある理由

兄弟姉妹の構成別に生涯未婚率や年収を比較

そのうえで、ソロもんラボの調査結果を2015年国勢調査の配偶関係別人口と掛け合わせて、兄弟姉妹構成別の50歳時未婚率(生涯未婚率)を推計してみました。

男女とも「一人っ子」の未婚率は1都3県平均の男性25.2%、女性15.5%(全国平均は男性23.4%、女性14.1%)を超えています。男性に関しては、平均を上回っているのは「一人っ子」だけです。兄弟姉妹の数が多いほど未婚率は減少しているところを見ても、ざっくりいえば「2人以上の兄弟姉妹がいる場合は、結婚率が高く、一人っ子は未婚率が高い」と言っても支障ないでしょう。

付き合った異性の数を比較

続いて、それぞれの兄弟姉妹構成で、今まで付き合った異性の数、つまり、恋愛経験人数の平均値について比較してみましょう。恋愛経験なので、20~30代の未既婚男女だけに限定して比較したいと思います。

次ページ既婚男性だけは逆の傾向
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。