一人っ子男性が「結婚」に縁遠い傾向にある理由

兄弟姉妹の構成別に生涯未婚率や年収を比較

これによると興味深い傾向が見られます。未婚男性・未婚女性・既婚女性については、いずれも「一人っ子」の恋愛人数がもっとも少なく、兄弟姉妹数が多いほど恋愛人数も増えています。

しかし、なぜか既婚男性だけは、逆の傾向です。「一人っ子」の既婚男性が、ほかのどれよりも恋愛経験人数が豊富なのです。平均4.8人は、既婚女性の3.7人よりも多く、未婚男性の2.3人と比較すると倍以上の開きがあります。女性の「一人っ子」の恋愛人数が少ないのは、厳しい親の目の影響でしょうか。

要するに、「一人っ子」は、男女とも生涯未婚の可能性が高いのですが、恋愛人数に関すれば、既婚男性「一人っ子」のいわば独り勝ちなのです。これはいったい、どういうことでしょうか。

平均年収を比較してみると…

この連載でも「結婚と経済力の問題」について、たびたび話題にしてきました。未婚男性は「金がないから結婚できない」と嘆き、実際、未既婚男性を比較すれば、既婚男性のほうが高年収であることは明白です。

都道府県別の未既婚の年収比較はこちらを参照ください(『「金がないから結婚できない」と嘆く人の大誤解』)。「一人っ子」の既婚男性だけが突出して恋愛人数が多いのは、もしかして、彼らの年収が高いからでしょうか。同じ20~30代未既婚男女別に平均年収を比較したグラフが以下です。

既婚男性以外は、一人っ子だろうと、兄弟姉妹がいようと、年収に大きな差はありませんが、「一人っ子の既婚男性」だけは、突出して平均年収も高いことがわかります。50歳時未婚率だけを見て判断してしまうと、「一人っ子は男女とも結婚できない」と早合点してしまいがちですが、こうして、恋愛経験人数や年収なども加味して見ると、また違う景色が見えてきます。

よく「一人っ子」は、親の愛情を一手に受けて育ったため、わがままでマイペースで、一人遊びが好きで内向的な面がある分、協調性に乏しいなどと言われたりもします。

そう聞いてしまうと、「ソロ活」好きな特徴とも合致するため、「結婚に興味ないのだな」と思わず納得してしまいそうになりますが、「一人っ子」の既婚男性の豊富な恋愛経験を実現する社交性を考えると、一概にそうとは言えない気がします。

次ページ「一人っ子」と「2人以上の子」世帯の年収の違い
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。