「TikTok」海外展開で逆風にさらされる背景事情

中国動画共有「Zynn」もグーグルがアプリ削除

TikTokなど中国のショート動画アプリは海外でも高い人気を集める。写真はイメージ(編集部撮影)

海外展開を加速する中国の2大ショート動画アプリが、相次いで逆風にさらされている。欧州データ保護会議(EDPB)は6月10日、北京字節跳動科技(バイトダンス)のTikTok(ティックトック、中国版の漢字名は「抖音」)を調査するための作業部会の設置を発表。ほぼ同じタイミングで、北京快手科技の快手(クァイショウ)の海外版であるZynn(ジン)がグーグルのアンドロイド向けアプリ配信ストア「Google Play」から削除された。

TikTokの調査を発表したEDPBは、欧州連合(EU)が定める一般データ保護規則(GDPR)に基づいて加盟国のデータ保護監督当局の代表により構成される機関だ。作業部会設置の目的についてEDPBは、データ収集方法やセキュリティに懸念があるとするEU議員からの要請を受け、欧州におけるTikTokのデータ処理やプログラム動作について「より包括的な理解を深めるため」だとしている。

調査会社のセンサータワーによれば、TikTokは2019年に欧州で延べ9100万回ダウンロードされ、ゲームを除くアプリのダウンロード数ランキングで4位に入った。しかしアメリカでは昨年からTikTokのデータ収集やセキュリティを懸念する声が高まっており、それが欧州に飛び火した格好だ。

ダウンロード数のランキング操作の疑いも

一方、Zynnが削除されたのはグーグルのアプリストアの規定に違反したためだ。快手の説明によれば、ユーザーが投稿したある動画に対するクレームがきっかけで、グーグルがアプリを削除した。問題の動画はユーザーが別の動画プラットフォームからZynnに転載したもので、快手は調査のうえ「厳しく処理した」としている。

だが、Zynnが具体的にグーグルのどの規定に違反したのかは不透明だ。Zynnは今年5月からサービスを開始し、ダウンロード数を爆発的に伸ばしていた。センサータワーの調査データによれば、アップルのiOS向けアプリ配信ストア「App Store」のダウンロード数ランキングで5月27日に首位を獲得。Google Playでも5月29日に6位に浮上した。

本記事は「財新」の提供記事です

ダウンロードの驚異的な増加の背景には、Zynnのユーザーが友達に動画を紹介し、その友達がアプリをインストールすると現金を獲得できるプロモーションの仕組みがあった。それが規定違反のランキング操作だとグーグルに判断されたとの見方もある。財新記者はZynnの削除とプロモーションの関係について問い合わせたが、快手の回答は得られなかった(訳注:その後の6月18日時点でもZynnは削除された状態が続いている)。

(財新記者:関聡)
※原文の配信は6月13日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。