コロナ禍で「テレビ復権」が進んだ決定的証拠

データから探るメディアの「ニューノーマル」

緊急事態宣言からゴールデンウィーク後まで約1カ月の巣ごもりが続くと、生活者は「ゲーム」(土日祝日:13分増)、「有料定額配信」(土日祝日:11分増)、「動画」(平日:3分増)、「マンガ」(平日:10分増)などで、自宅での時間をじっくり楽しむ工夫を始めた(カッコ内の数値はモバイルアプリ接触者当たり接触時間)。

接触率(平日・1日当たり)はモバイルで2.1%、パソコンで0.7%とまだ低いが、接触時間(パソコンで26分増)が伸びたコンテンツの1つは「radiko」である。一般的にラジオはクルマの中で聞く機会が多いメディアであるが、コロナ禍に際しては在宅で仕事や家事をしながらラジオを聴く習慣が復活しそうな動きがある。

また、Web会議サービス「Zoom」も平日のパソコンでの接触率(2.1ポイント増)・利用時間(8分増)が高くなった。ビジネスをきっかけに同サービスを使い始めた人が多いと思われるが、プライベートでも「オンライン飲み会」などで活用しているようだ。

生活者はおうち時間を楽しむために、オンラインを活用し、いろいろな工夫をしようとしている。コロナ禍で少しずつ見え始めた新しい兆しをキャッチする必要がある。

メディアのニューノーマルをとらえる

コロナ禍によって生活が変わり、結果としてメディア接触が変化したことを確認できた。巣ごもりの中で生活者の行動・意識は、以下の4つの方向に集約されてきた。

(1)在宅率増加により、生活者の「デバイスの使い方」が変わる
 ・テレビ・パソコンの接触時間増加
 ・テレビ・パソコンの特性が見直され、モバイルも含めたデバイスの使い分けが鮮明になる
(2)移動時間減少により、生活者の「メディア接触時間帯」が変わる
 ・ゴールデンタイムが1時間前倒しになる
 ・食事時間のテレビ接触増加
 ・通勤の減少・分散によりモバイル利用の山がなだらかになる
(3)生活者のコンテンツに対する「評価の軸」が変わる
 ・ドラマ再放送など、過去のコンテンツが再評価される。
(4)「生活の楽しみ方」が変わる
 ・オンラインでの工夫、おうち時間を楽しむ工夫にチャレンジする生活者が多くなる

これらのニーズをとらえ、ウィズコロナを見据えることが、今後のビジネスを展開していくうえで重要になりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT