コロナ禍で「テレビ復権」が進んだ決定的証拠

データから探るメディアの「ニューノーマル」

大きく接触時間が増えたテレビだが、ジャンル別で見ると、コロナの情報収集ニーズの高まりによって、緊急事態宣言後、平日の接触率は「ニュース/報道」が54.2%、「情報/ワイドショー」が54.9%と、一気に伸びている。相対的に信頼度が高いと思われているテレビで情報収集をするようになり、それがゴールデンウィーク以降も定着したことがうかがえる。

一方、「ドラマ」が39.4%、「映画」が8.5%と、ゴールデンウィーク後の土日祝日の接触率が伸びていた。以前のように休日に外に出かけられなくなる中、家でじっくり楽しむコンテンツとしてのニーズが表れている。

再評価が進む過去のコンテンツ

テレビのドラマ接触率を見ると、緊急事態宣言以降、NHK以外では「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ系)などの新作ドラマ以上に、「JIN-仁-レジェンド」(TBS系)、「野ブタ。をプロデュース」(日テレ系)、「恋はつづくよどこまでも胸キュン!特別編」(TBS系)、「春子の物語 ハケンの品格2007特別編」(日テレ系)など、過去のコンテンツをまとめた番組が高くなっている。

新たなコンテンツの制作が困難な中、ドラマの視聴を支えているのは再放送だ。中でも、TBSと日テレのドラマ接触率が高い。

また、パソコン・モバイルの土日・祝日の1日の接触時間(接触者当たり)を見ても、見逃し配信や過去のコンテンツが見られる「Paravi」(24分増、パソコン)、「フジテレビオンデマンド」(12分増、パソコン)、「U-NEXT」(21分増、モバイルアプリ)などが高くなっている。前回の放送時に視聴した人、または視聴しなかった人が、触れる機会が増えたことで、過去のコンテンツが見直されている可能性がある。

提供側は「パソコン・モバイルで評価の高かったコンテンツをテレビで利用すること」など、生活者のニーズへの対応が望まれる。テレビにとっては、情報を提供するメディアとしての側面とコンテンツ面の双方の価値が見直されるチャンスともいえる。

次ページおうち時間を楽しむ工夫をする生活者
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT