消費増税後、割安感がなくなった和民

秋まで相場は上がらない?

4月第1週は桜が満開だった。いったんは株式相場も花が咲いたように見えたが、そのあとは、大変なことになってしまった(東京・国立駅周辺で、撮影:尾形文繁)
なんとなんと、4月2週目は、1103円も下げてしまった日経平均株価。その後は反発に転じたが、個人投資家には、いまのところ「厳しい4月」になっている。カリスマ投資家の内田衛氏はどんな取引をしていたのか。個別では、会心の取引で大きな利益を上げたものもあったが、さすがにこの下げには閉口していたようだ。「株日記」で振り返って見よう。

【3月31日(月)】日経平均は131円高の1万4827円と4日続伸。今日は月末、年度末でドレッシング(お化粧)買いが入ったのか? 消費税増税直前にもかかわらず上昇。私のNISA銘柄の神戸製鋼所(5406)は、本日137円の4円高で、4円は神戸製鋼所の年間配当。

米国経済は、順調に回復しているようだけど……

日経平均株価は、1万4000円台前後から1万4500円あたりでウロウロ。売買代金も少なく、まったく盛り上がっていない状況だ。
そんな中、カリスマ投資家の内田衛氏はどうしていたのか。なんと、自ら「ギソー教育」と自虐ネタを披露していたリソー教育が、一時ストップ高に。ナンピン買いの効果もあり、買値の平均コストは下がっていた。だが、今年だけで計算すると、損失は600万円超!になったのだった。

【4月1日(火)】今日から消費税が17年ぶりに5%から8%へ増税となった。NYダウは134ドル高の1万6457ドルと続伸で、2カ月半ぶりの高値。3月日銀短観(企業短期経済観測調査)の景況感は5期連続改善。

【4月3日(木)】日経平均は125円高の1万5071円と続伸し、終値で1万5000円台を回復。株式相場にも「サクラ咲く」といった感じ。このまま新年度相場は、堅調に行くのか?

【4月4日(金)】米国雇用統計(3月分)によると、前月に比べ19万2000人(非農業部門)増えた。市場予想20万人とほぼ同水準。米国は順調に景気回復しているようだ。日経平均は8円安の1万5063円と小幅安。

この連載の一覧はコチラ

【4月5日(土)】午前3時、日経225先物6月限は、220円安の1万4860円と大幅安。NYダウは159ドル安の1万6412ドル。S&P500種は23.68ポイント下がって、1865.09ポイント。週末で利益確定売り? 週間では89ドル(0.5%)高。日経平均も週間では367円(2.5%)高と、新年度相場は堅調なスタート。

次ページ消費増税を待って、優待券をオークションへ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT