渋谷で物件価格2000万円台「目利きのお家」事情

「購入は時代より自分のタイミングが大切」

「まず耐震補強工事が完了済みであることを確認し、次に借地権の詳細を調べ、総合的に考えて、費用に対する資産価値は高いと判断しました。借地権付きマンションは、確かに所有権付きに比べると売却は難しいですが、渋谷の中心という立地は特別ですから、売ることも貸すこともできると思います。実際にこのマンションは賃貸入居率が高く、そこも将来の運用を考えたときにプラスとなる要素でしたね。

とはいえこれは、不動産メディアの編集長として多くの物件を見て、不動産エージェントとして多くの物件を売ってきたからこそできる、玄人的選択かもしれません」(伊勢谷さん)

震災直後に購入した、築古マンションの価値が高騰

“玄人的”な物件の購入に踏み出したのは、仕事上の経験だけでなく、今までの個人的な不動産売買の成功体験も背景にある。35歳という若さにして、今の部屋を購入するまでに2戸の持ち家(マンション)に移り住み、売却で利益を出した。

伊勢谷亜耶子さん。中古不動産の紹介メディア『cowcamo(カウカモ)』編集長(撮影:尾形文繁)

「特に1つ前に住んでいた吉祥寺のマンションは、購入時から値上がりしましたね。購入したのが東日本大震災後の2012年。当時は誰もが耐震基準に敏感だったので、築50年程の築古の物件は全体的に人気がなかった。だから人気の吉祥寺で、井の頭公園に隣接している好立地でも、お買い得だったんです。

私自身は購入時に不安はまったくなかったです。マンションが耐震診断を行っていたときの資料で、手計算で綿密に耐震強度を計算してあったデータに目を通しました。その結果『これなら大丈夫』と判断し購入。

今ではビンテージマンションとしてブランド価値のある物件になっています。購入時に施したリノベーションも好評で、それが売値にも反映されました。結果的に手元にお金も残り、それがこの部屋を買うための資金になりました」(伊勢谷さん)

実は伊勢谷さんは慶應大学環境情報学部で、建築について学んでいる。建物の構造について理解があることも、購入に踏み切れた理由だろう。震災後は誰もが耐震基準に対して過敏になっており、良物件でも築古というだけで敬遠されていた。人々の購入熱が下がり、値がこなれたときこそ購入のチャンスになる。27歳にして、伊勢谷さんは先を見越した不動産購入をしたわけだ。

次ページ中古物件購入は、マンション価値の読み解きがカギ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT