コロナで判明「つらくない職場」の決定的な要因

あなたの職場に「心理的安全性」はありますか

多くの有力企業が取り入れている「マインドフルネス」。マインドフルネスが仕事にもたらす変化とは? (写真:damircudic/iStock)
緊急事態宣言が解除され、テレワーク生活から日々出勤する生活に少しずつ変わりつつある人も多いでしょう。中には変化の多い生活に疲れを感じている人もいるかもしれません。
そんな今、改めて注目してみたいのが「マインドフルネス」です。よりよく働くために、知っておくべきこととは?

リーダーシップに欠かせないマインドフルネス

グーグル、マイクロソフト、フォード、フェイスブック、ゴールドマン・サックスなどが取り入れていることで知られる「マインドフルネス」。

日本でも、ヤフー、リクルート、パナソニックなど、多くの有力企業がマインドフルネスに基づいた研修を続々と導入。トヨタまでもが研修プログラムを全社教育として導入しました。

最新科学によって、さまざまな効果があることが認められているこのマインドフルネスは、2013年のダボス会議でも優れたリーダーに必要な「自己認識力」「自己管理力」の開発法として採用されるなど、世界的な広がりを見せています。

とはいえ、「どういうものかよくわからない」「興味はあるけど、実際にやるのはハードルが高い」と思っている人も少なくないかもしれません。

そこで、本稿では、マインドフルネスが仕事にもたらす変化についてお伝えしたいと思います。

次ページたったの4日で集中力が最大50%アップ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT