マンション管理組合のコロナ対策何ができたか

2波3波に備え今のうちに何ができるか総点検

マンションで新型コロナウイルスの感染予防対策はどこまでできるのか(写真:まちゃー/PIXTA)

マンションは、多くの家庭が共同で住む場所だ。都市部では、マイホームとして市民権を得ている。緊急事態宣言は解除されたものの、第2波、第3波と新型コロナウイルスへの不安を抱える今、マンション内の感染予防はどうしたらよいか大きな課題となったところも多いだろう。

マンションの自宅内(専有部分)は、区分所有者の責任において自己管理となるが、エントランスやエレベーター、ゴミ置場などの共用部分は「管理組合」で管理することになる。自宅部分を1歩出たら、管理組合による共同管理となる。つまり、管理組合がどう対応するかがカギになる。

一方、マンションの管理組合の多くは、専門知識をもたない素人集団だ。管理組合員の中から役員を選んで理事会をつくり、実際には理事会で該当年度の管理方法を決めていく。その際にサポートするのが「管理会社」だ。ほとんどのマンションでは、管理会社に管理業務を委託している。したがって、管理会社がどうサポートするかもカギになる。

感染予防にどう対応したか

ここからは、筆者の体験を交えマンションの感染症対策について語りたい。筆者はマンションに住んでいる。新型コロナウイルスに関する「緊急事態宣言」下では、居住マンションの管理組合で理事長を務めていた。

緊急事態宣言の直前に、筆者のマンションの管理会社から理事会に提示されたのは、「居住者の皆様の安全確保、弊社と協力会社の従業員の安全確保、感染拡大防止」という目的で、主に業務内容の方針についてだった。具体的には次のような内容だ。

次ページどんな内容だったのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT