ベンツの国内販売4割減!「輸入車業界」の苦悩

上野社長が明かすコロナで変わる「販売手法」

信頼の構築もより重要になる。人の感覚は不思議なもので、相手によってコロナ感染の警戒度が変わる。例えば、私はよく行くレストランのテイクアウトは安心して利用できるが、ほかの店では買いにくい。妻は顔なじみの宅急便の人が来ても平気なのに、よく知らない来客には(感染を)警戒する。このお店、ブランドなら大丈夫と、受け入れてもらえる存在にならないといけない。

多くの「無理」「無駄」に気づかされた

――コロナ収束に時間がかかるとすれば、どうやってこの厳しい環境を乗り切るつもりですか。

外出自粛が長引けば、販売店はかなり厳しくなる。今できることをやっていく。各販売店とネット会議を通じて細かな対応策を詰めている。むしろ連絡はより密になった。しっかりとお客様を迎える体制を作っていく。

コロナショックに直面した企業の最新動向を東洋経済記者がリポート。上の画像をクリックすると特集一覧にジャンプします

メルセデス・ベンツ日本は7年連続で輸入車販売台数1位を維持してきたが、普通ではない状況下なので、4月は1番じゃなくてもいいと思っていた。販売会社の人間として台数を追いたい気持ちは当然のもの。だが、今大事なのは目の前の台数を追いかけることではない。台数を追いすぎると全体像が見えなくなる。重要なのはしっかり状況に対応することだ。

自動車業界はデジタル化が遅れていた。今回のコロナ騒動で紙のカタログ、来店での販売主体で本当にいいのかなど、多くの「無理」「無駄」に気づかされた。販売店の中にはLINEで月6台売ったベテランの営業担当者もいる。デジタル化へと一気に切り替える契機にしたい。リーマンショックで学べなかったこと、元のやり方にこだわるバイアスをとっぱらって、変化に対応していくつもりだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT