「美人が条件」43歳男性の強気婚活が成就した訳

要求水準が高いのにあわせ自分を"大改造"

「異性の容姿に妥協できない」男性の婚活の意外な顛末とは?(イラスト:堀江篤史)

「自分が人並みの容姿だとは自覚しています。でも、女性の容姿にはどうしても妥協できないんです。僕はこだわるところにはこだわりたい。機械も大好きで、車はBMWとベンツに乗っています。1台は社用車ですけど。女性は太っていなくて身長が高い美人でないと生理的に受け入れられません。できれば学歴も自分より上がいい。僕は三流の私立大学卒ですが、妻は国立大の卒業生です」

埼玉県で自営業をしている野村正弘さん(仮名、43歳)は、昨年末に6歳年下の裕子さん(仮名)との結婚を果たした。現在、埼玉県の自宅は維持しつつ、東京の湾岸にあるタワーマンションでの新婚生活を楽しんでいる。会社員の裕子さんは妊娠中だ。

美人と結婚するためなら自分改造もいとわない

正弘さんが結婚を本気で志したのは35歳の頃。結婚情報サービスを5社も渡り歩き、ライザップで15キロ以上減量し、美容外科では髪を増やし、歯並びも直した。

この連載の一覧はこちら

同時に仕事にも打ち込んで8年弱で収入は3倍に。正弘さんによれば、体重を落とすたびに好みの女性が会ってくれる確率が上がり、年収は800万円を超えたあたりから女性の反応が明らかに変わった。

ここまで読むと、「見た目とお金で結婚したのか」と不快に思う人もいるかもしれない。しかし、結婚とは生活そのものなのでキレイ事では済まない。

配偶者は性的なパートナーでもあるので容姿はやはり重要な要素だし、心穏やかに暮らすためにはお金も必要だ。やや俗っぽい理想を掲げるだけでなく、その実現のために必死で努力をした正弘さんは偉いな、と筆者は思う。

正弘さんが婚活を始めた理由は古風なものだった。埼玉県の郊外には父親が経営する工場と賃貸アパートがあり、土地を含めて誰かが引き継がなければならない。正弘さんの家系は「男ばかり」だが、兄や従兄などは未婚のまま。自分までも子孫を残さずに世間に「生き恥」をさらしたくないという思いが募った、と正弘さんは振り返る。

「でも、最初に入会しようと思った大手の結婚情報サービス会社からは、『入ってもらっても時間とお金の無駄になります』と断られてしまいました」

次ページ当時は収入400万円弱、168センチ78キロだった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT