日本が「コロナ第2波」で最も脆弱になる懸念

WHO「パンデミック12の教訓」は無視できない

ここから先はおなじみ競馬コーナーだ。24日の日曜日は3歳牝馬のクラシック2冠目、オークス(優駿牝馬、東京競馬場11R、距離2400メートル)が控えている。

オークスといえば、「オバゼキ理論」の出番である。われらが同僚、小幡績先生(慶應義塾大学准教授)の長年の持論で「オークスに距離適性は関係ない。桜花賞の順位のまま買えばよい」というものだ。

これは大変有用な法則というべきで、桜花賞(距離1600メートル)は出走頭数が多く、紛れが少ないので実力馬が順当に勝つ。牝馬の勝負付けはすでに済んでいるから、オークスで距離が800メートル伸びても序列は変わらない、というものだ。

オークスはデアリングタクトの「相手探し」

特に今年の桜花賞馬デアリングタクト(2枠4番)は、過去3戦の勝ちっぷりからいって、アーモンドアイやダイワスカーレット級の名牝に成長する可能性を秘めている。しかも今年は、桜花賞2着のレシステンシアがNHKマイル(5月10日、2着)に向かったので、かなり堅いレースと言っていい。

となれば後は相手探し。今年の場合、スイートピーステークスを勝って参戦する2戦2勝のデゼル(1枠1番)もかなり強そうだ。

またフローラステークス組では、ホウオウピースフル(3枠5番)に距離適性がありそう。桜花賞組からは高速馬場の前残りを警戒してスマイルカナ(4枠8番)、後は「デムルメ」騎乗のクラヴァシュドール(1枠2番)サンクテュエール(8枠18番)を押さえておけば、バッチリ取れるのではないかと考えている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT