トヨタの相次ぐ大量リコールは「悪」なのか

600万台リコールが映す、自動車業界の"現在地"

もっとも、国内のリコール件数が、ここに来て増えているわけではない。昨年度の国内リコール台数は過去最多だったが、件数自体は過去10年の平均より若干少ないくらいだ。

トヨタがとりわけ、リコールが多いわけでもない。昨年度の同社のリコールは10件、165万台。日産自動車は18件、174万台、ダイハツ工業は3件、172万台だ。過去5年間で見ても、年ごとにデコボコはあるものの、約3割の国内シェアを考えれば、その水準は決して高くない。海外でのリコール規模が大きくなるのは、販売台数が多いためだ。

技術力は落ちていないか

販売台数世界一のトヨタが背負う責任は重い(撮影:鈴木紳平)

むろん、リコール自体は威張れる話ではない。

あるモータージャーナリストは「以前ならリコールしなかった問題でもリコールしているとしても、それをメーカーが言うのは“甘え”だ。何らかの不具合があることには間違いない。技術力が落ちているのではないか」と苦言を呈する。

トヨタの世界全体でのリコール台数が大きいことは事実。対応には莫大な費用がかかる。リコールを発表した4月9日から、同社の株価は続落。株式市場は事態を決して軽くは見ていない。

2012年から2年連続で販売台数世界一となったトヨタ。それだけに業界のトップランナーとして、大量リコールが相次ぐ現状を真摯に受け止め、率先して対応を進めていく必要がある。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。