トヨタの相次ぐ大量リコールは「悪」なのか

600万台リコールが映す、自動車業界の"現在地"

2005~10年に販売された「ヴィッツ」など、13車種がリコールの対象(撮影:今祥雄)

自動車業界で大規模リコールが相次いでいる。2013年度に最高益を更新する見通しのトヨタ自動車とて、例外ではない。同社は4月9日、13車種、計108万台のリコールを国土交通省に届け出た。海外分も含めると、合計639万台となる。

国内では、「ヴィッツ」など4車種、91.9万台で、座席部品の強度不足やワイパーの不具合、ステアリングの強度不足が判明。「RAV4」など3車種、14.6万台では、配線不良でエアバックが動作しなくなる可能性がある。「ポルテスペイド」など5車種、1.8万台では、始動装置の通電不良で出火のおそれがある。この不具合では、過去に車両火災が2件起きている。ただ、いずれのケースもケガ人は出ていない。

トヨタは、今年2月にも「プリウス」のハイブリッドシステム制御ソフトの不具合で国内98万台、全世界で190万台のリコールを発表している。

2013年度のリコール台数は過去最多

立て続けの大量リコールは、トヨタだけの問題ではない。2013年度の国内におけるリコール届け出は303件(前年度から5件減)、797万台(同236万台増)となった。台数は過去最多(これまでは2004年の756万台)。前述のプリウスを含めて、50万台を超えるリコールが5件もあったためだ(内訳はダイハツ工業が2件、トヨタ、日産自動車、三菱自動車が各1件)。

次ページ大量リコールが相次ぐ理由
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT