コロナ禍で売れた商品TOP30「5月異変」のナゼ

"マスクバブル崩壊"がデータにも表れ始めた

マスクの増減率は、2月3~9日に対前年比266.5%を記録した。しかし、この週の伸び率トップは313.0%の「ぬれティッシュ」だった。

新型コロナウイルスの感染者が国内で初めて確認されたのが1月16日。マスクが店頭からなくなり出したのは、その2週間後の2月初め。2月24日の週で93.1%となり、3月9日の週では80.6%まで落ちた。実需と大きく乖離したのは、商品の供給が極端に細っていたためだとみられる。

ただ、3月下旬に供給量も底を打ち、市中の“異業種”店舗に商品が出回り始めたようだ。ゴールデンウィーク突入直前の4月27日の週には356.5%まで上昇した。だが、この時点でもトップではなく、2位。5月4日の週でようやく首位に立った。

マスク以上に売れていた商品は?

4月27日の週にマスクの上を行ったのは、「殺菌消毒剤」で395.7%。4月後半の2週間は供給が増えたようで、300%を突破。5月4日の週は258.4%に下落し、需給バランスは落ち着きを取り戻し始めている。

「体温計」も2月中旬頃から社員に検温を義務づける企業が増え始め、3月上旬までに店頭から消えた。まだまだ供給は不十分で、売れ行きも依然として高水準ではあるものの、消耗品ではないからか、マスクや殺菌消毒剤より一足先に沈静化し始めている。

一方、コロナ禍で売れなくなった商品の上位には、外出自粛で使用頻度が減ったものが並んだ。

次ページ売れなかった商品の顔触れは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT