【産業天気図・銀行業】収益力は低下続く、公募増資も希薄化意識で一服へ、10年9月まで「雨」続く

予想天気
  09年10月~10年3月    10年4月~9月

銀行業界は2010年9月まで、終始「雨」が続く見通しだ。

2009年9月期(中間期)の各社の損益状況は、不良債権処理、株式減損などの損失処理が大幅に減ったことにより、純利益は前年同期比で増加した。金融庁の集計によれば、大手11行の単体の中間純益は前年同期比1786億円増の5131億円。地域銀行(地方銀行と第2地方銀行の計109行に埼玉りそな銀行を加えたもの)の単体の中間純利益も同2127億円増の3521億円になった。

しかし、ベースとなる収益を見ると相変わらず厳しい。特に地域銀行は銀行の本業の利益である資金利益(資金運用と資金調達の差)が、前年同期比584億円減の2兆1942億円だった。貸出金での運用についてみれば、景気低迷により資金需要が乏しく融資量が伸びないこと、政策金利の引き下げと保証協会の保証付き融資が主流になっているため、利ザヤも低下しているのだ。貸出金が伸びない分、有価証券で運用するわけだが、これも前期までに高利回りの外債や投資信託での運用部分が縮小。残るはもっぱら国債での運用となり、利回りは低い。

大手行も資金利益は前年同期比677億円増の2兆1703億円となったが、これは主に海外で調達コストが下がったことが要因。国内の資金利益はやはり冴えない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT