人員削減によるV字回復はNO!豊田章男の「心」

コロナ後も感謝でサプライチェーンをつなぐ

優先順位の1番は「私が落ち着いていること」という豊田章男氏(撮影:風間仁一郎)  
2021年3月期の営業利益は8割減――。減益幅もさることながら、業績予想を示したこと自体が注目されたトヨタ自動車。「危機的な状況だからこそ、1つの基準を示すことが必要」と語った豊田章男社長は、「コロナの収束後、経済復興の牽引役としての準備は整っている」とも述べた。
リーマンショックをくぐり抜けてきたトップの目には、今の危機がどう見えているのか。新刊『豊田章男』が好調な片山修氏が、その意図や背景を読み解く。

クルマは「気持ちを運ぶ」乗り物だった

「コロナ危機は、リーマンショックよりもはるかにインパクトが大きい」

『豊田章男』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

5月12日の決算会見でトヨタ社長の豊田章男氏はそのように述べたが、危機にめっぽう強いのが、彼の持ち味である。

章男氏は今年、社長就任12年目に入る。彼と同じように、リーマンショックを機に社長に就任したホンダの伊東孝紳氏は、とっくに表舞台から消えている。

日産自動車元社長のカルロス・ゴーン氏は、東京地検に逮捕され、トップの座を追われたばかりか、レバノンに逃亡した。

マツダもスバルも、当時の社長は姿を消している。かろうじて、スズキの社長を務めていた鈴木修、三菱自動車の益子修の両氏が会長職にとどまっているにすぎない。

章男氏は、リコール問題、東日本大震災など、幾多の困難、修羅場をくぐり抜けてきた歴戦の勇士といっていい。決算会見で危機を乗り越えるにあたっての優先順位を問われ、「1番は、私が落ち着いていること」と答えたが、彼のリーダーとしての強みは、そこにある。少々のことには動じない。

章男氏は、「世の中には、コントロールできることとコントロールできないことがある」として、自分がコントロールできることをしっかりやっていこうと訴える。また、「コントロールできないことに深刻になれば、ネガティブになる」として、ネガティブ・ループに陥ることを戒める。大切なのは、誰かのために動くこと、感謝することだと呼びかける。

次ページ生涯忘れないようにしたい「3・11」での出来事
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。