「副社長職廃止」の背景に「ポスト豊田章男」問題

コロナ禍後に経済を牽引する自動車産業の顔

豊田章男氏のリーダーシップが試されている(撮影:風間仁一郎)
「いま、私がやらなければいけないのは何よりもトヨタらしさを取り戻すことです」
2020年4月に副社長職廃止に踏み切ったトヨタ自動車の豊田章男社長はこう語った。トヨタとしても前例なき組織改革だ。新体制はコロナウイルス危機にどう立ち向かうのか。新刊『豊田章男』を上梓した、片山修氏がその意図や背景を読み解く。

副社長が「番頭」に

「これは、どういうことですか」

『豊田章男』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

トヨタ自動車のキーマン、小林耕士氏が記者に手渡した名刺の肩書には、「番頭」とあった。記者が戸惑うのは当然だ。

トヨタは4月1日、副社長職を廃止し、執行役員に一本化した。旧副社長を含めて執行役員は21人となった。むろん、トヨタが副社長職を廃止するのは、初めてである。

狙いは、経営チームのフラット化とスピード化だ。執行役員はすべて同格とし、これまでの副社長は「チーフオフィサー」とし、それ以外の執行役員は、「カンパニープレジデント」「地域CEO(最高経営責任者)」などの名称のもとに、各機能を担当する。執行役員は、1つの機能ではなく、2つ以上の責任範囲を持つという。

いってみれば、経営チームの「文鎮化」である。

小林氏の場合、CFO(最高財務責任者)は外れ、取締役・執行役員に加えて、2018年から務める「チーフリスクオフィサー」が正式な肩書となる。

「名刺の英語表記は、ちゃんと『チーフリスクオフィサー』になっています」

と、小林は言う。

次ページ「番頭」は「副社長」以上の重責を担うことになる
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT