人員削減によるV字回復はNO!豊田章男の「心」

コロナ後も感謝でサプライチェーンをつなぐ

トヨタは2021年、東富士にある175エーカーの工場跡地に、未来の実証都市「ウーブン・シティ」の建設を開始する計画だ。2000人以上の住民が、働いて、遊んで、生活を送りながら、実証に参加する仕組みである。

「スマート・シティ」では、データの利活用が必須だが、住民にとってそれは懸念材料でもある。自分のデータがどこまで見られているのかという不安、管理社会を招くのではないかという危惧から逃れることはできない。

実は、こんなケースがある。グーグルの兄弟会社のサイド・ウォーク・ラボは、最近、カナダ東部のトロント市で計画していた「スマート・シティ事業」からの撤退を発表した。その背景には、個人情報保護問題があると言われている。

その点、トヨタは「ウーブン・シティ」でも、“人”中心の発想を貫く。データの利活用とプライバシー重視を両立させながら未来の都市を建設し、決して管理社会にはしない方針だ。あくまでも“人”を中心に、便利で快適な未来を実現する計画である。

また成長すればいい

いつの日か、コロナが終息する日は必ずやってくる。そのとき、働き方や生活スタイル、移動のあり方はこれまでとは違っているだろう。

「ウーブン・シティ」構想にも新たな視点が必要となるだろう。それは、トヨタにとって、リスクでもありチャンスでもある。

「新しいトヨタに生まれ変わるスタートポイントに立った」として、章男氏は次のように述べた。

「新しい時代になっても、成長すればいいんだ、というふうに頼りにされるトヨタに生まれ変わる、大きなチャンスをいただいたと思う。コロナ禍でのトヨタの経営をリードしていきたい」

章男氏は、次のようなメッセージを発し、社員を鼓舞する。

「冬が終われば、春がくる」――。

彼の目線は、すでに未来のトヨタに注がれている。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。