元外資系金融エリートの転職、なぜ中国へ?

中国語が話せないなら、現地で勉強しながら就職先を探せばいい!

彼女の元彼からの電話・メール攻撃!?

――まじめな話が続いてきました。少し話がずれますが、中国で働く中での結婚や恋愛に関するエピソードなどはどうでしょう?

この手の質問は苦手ですね(笑)。

クラスメートの美女たちと(中央が大内氏)。MBAのFarewell Partyではカンフーパンダの着ぐるみでヒップホップダンスを踊った。ダンスは日本でも学生時代から続けていた特技で、クラスメイトと打ち解けるのにも役立った

現地社会に溶け込もうと、中国の女性とお付き合いしました。今となっては笑い話ですが、最初にお付き合いした女性が過去に付き合っていた男性から、何度も何度も電話やメールが入ったことがありました。「彼女にこれ以上近づくな。すぐに別れろ」などと脅されて、身の危険を感じるほどでした。2人目の方とは、彼女のお母さんとおばあちゃんも連れて4人で東京・箱根旅行をしましたが……。

あっ、すみません、これ以上話すと涙がこぼれそうなので、続きはお会いした方のみにこっそりお話しさせてください(笑)。海外でもやっぱり恋愛は苦手でした……。

もう日本に帰りたいなぁーと思ったときも

――これまた、強烈な経験ですね(笑)。では話を戻して、大内さんは自分に、海外で活躍するための先天的な才能があったと思いますか?

まったく思いません!

あきらめが悪いほうなのですが、しつこく粘っていると、最後はいつも神様か仏様が味方して助けてくれます。高校時代から抱いていた、海外で活躍したいという想いを大事にして、コツコツと努力してきました。

中国に身ひとつで飛び込み、現職をつかみ取ったことに関しても、これまでの努力や経験の積み重ねだと思っています。中国語ができなくて就職先が見つからず、つらい時期もありましたし、Facebookなどに日本の友人たちの楽しそうな写真や家族の写真がUPされると、もう日本に帰りたいなぁーと思ったりしました。自分が決めた道だからあきらめずに努力できましたが。

石崎さんのこの企画では、日本人に海外現地就職を促そうとしていますが、中国を見ると、海外現地就職なんて当たり前で、いかに日本人が保守的で海外に飛び出さないかを、最近よく感じます。

①高い目標へ向かってあきらめずに努力を続けること、②自分の信念を頼りに重要な場面での一歩踏み込んだ勇気、そして③「違い」を楽しみ、現地社会に溶け込むこと――この3点が海外で仕事を得て、活躍していく秘訣だと信じています。

筆者の所感:変化への鋭い嗅覚の持ち主

世界経済の大転換を察知し、中国に身ひとつで飛び込んでいった大内さんからは、変化への鋭い嗅覚と大きな挑戦心を感じた。彼は投資というツールを使いながら、中国ビジネスの最前線に立って、たいへんやりがいのある仕事を行っている。

「自分は天才型ではなく、努力型」「海外で活躍したいという思いを胸に、こつこつやってきた」と語るように、自分の目標へ突き進む精神力が、海外で活躍するうえでいかに重要か。一歩踏み出す勇気を持って、ひたすら努力してみる。そうすることで、自分の感じる世界が、徐々に広がっていくのは間違いない。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT