アメリカは「コロナ後」社会主義へと向かうのか

日本人はわからない「死者6万人」の重い意味

ここから先はおなじみ競馬コーナーだ。

5月3日は春の天皇賞(G1、京都競馬場11R、距離3200メートル)。思えば1年前は編集F氏とともに淀の京都競馬場へ遠征し、「平成最後の天皇賞」見物と洒落込んだものであった。京都はどこへ行っても外国人観光客がいっぱいで、「オーバーツーリズム」がどんなことかを嫌というほど見せつけられたものだ。

春天は「使い減り」していないフィエールマンの連覇だ

今年の春はうって変わって寂しいゴールデンウィークである。それでもありがたいことに競馬は自宅でできる。土日の暇つぶしは完璧だ。

今年の天皇賞、本命は連覇がかかるフィエールマン(8枠14番)。昨年末の有馬記念から春天に直行するという「ぶっつけ」日程だが、これは昨年も同様で、「叩きレース」を作らずに勝負所を絞ってくるのが陣営の作戦らしい。お陰で5歳馬なのに、これがまだ10戦目と「使い減り」していない。「働き方改革」ならぬ「叩き方改革」ですな。

対抗は阪神大賞典(G2、3月22日、距離3000メートル)を勝ったユーキャンスマイル(5枠7番)。穴馬にメイショウテンゲン(7枠11番)。そしていつもの悪い癖だが、このレースに強いステゴ産駒ということで、エタリオウ(2枠2番)とスティッフェリオ(4枠6番)を少額だけ絡めておきたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT