競走馬のように走り続ける現代人の「教養」信仰

希代の勝負師が語る本物の教養、偽物の教養

今の世の中は自分が得したり、競争に勝つために「教養」を身に付ける。しかし本物の「教養」とはそういうものではない(写真:alphaspirit/iStock)  
混迷の時代を生き残るため、「教養」は身に付けるべきもの、必要なものと誰もが思い込んでいます。しかし「逆に、その教養が自分を苦しめることになる」と、20年間無敗で勝ち続け、「雀鬼」の異名をとる雀士・桜井章一氏は言います。
長年、勝負の世界で生きてきた桜井氏が語る、教養より大切なこととは? そして本物の教養とは? 桜井氏の新刊『「実戦」で身につけた本物の教養』をもとにひもといていきます。

結局、管理されて自由を奪われる

勉強すること、努力すること、頑張ること。今の時代、いずれもよしとされている言葉でしょう。しかし私にはこれらの言葉いずれもが好きになれない。親が子どもに「勉強しなさい」と言う。そこにはいい大学に入って、いい会社に就職して、いい給料を稼ぐようになってほしいという思いがある。その思いとはすなわち勝ち残れる人間になってほしいということだ。

上司が部下に「努力が足りない。もっと頑張れ」と叱咤する。そこには売り上げを上げて、もっと利益を上げろという魂胆がある。それによって自分の成績や株も上がる、という打算がある。勉強すること、努力すること、頑張ることのいずれもが、結局は自分がいい立場に立ちたい、有利な立場に立ちたいということにほかならない。それによって利益を上げたい、得をしたいということだ。

数学の計算式でカッコ=( )が出てくる。カッコの中の数字を先に計算しろと言われたでしょう。5×3+1は掛け算5×3から先にやって、その後で1をプラスする。ところが5×(3+1)の場合は3+1を先にやって、その後で5を掛ける。

私から言わせれば、いまの世の中、誰もがわれ先にカッコの中に入ろうとしているのだと思う。カッコに入ることで、真っ先に計算される。つまり、自分が優先され有利な立場に入れるということでしょう。

次ページ何のために教養を身に付けるのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT