「没頭できる趣味がある人」に見える人生の景色

自粛生活が続く今こそ考えてみたい

「〇〇バカ」と言われるほどの趣味、あなたにはありますか?(写真:cba / PIXTA)
新型コロナウィルスが世界を飲み込む中、健康や経済への影響だけでなく、閉じこもってばかりで精神的にも辛い時期が続いています。気持ちが暗くなる。どうも手につかない。こうしたザワザワする心は、ライフワークがあると治まりやすく、前向きな気持ちも生まれやすくなります。
なぜライフワークがあると心のザワつきが治るのか、ライフワークはどう育めばいいのか。『釣りバカ解体新書 みんなが知らない釣りとビジネスの意外な関係 人生100年時代のライフワーク』の著書のある清水健太郎さんが語ります。

何かのバカになるということ

ライフワークはありますか?あなたにとってのライフワークとはなんですか?との問いに、「そこまでのものはあまりないかもしれない」、という方も多いのではないでしょうか。

私はコンサルティングの仕事の傍ら、フライフィッシングという毛鉤を使った釣りをライフワークに、年の3分の1の週末を自然の中で過ごしています。東京に住んでいますが、北海道に過去40回以上、延べ100泊超通う、いわゆる釣りバカです。

ライフワークは、好きで続けずにはいられないものです。趣味や学び、あるいは仕事そのものかもしれません。損得で行うものではなく、「生涯続けていたい」「寄り添っていたい」と感じる取り組みごと。感性は人それぞれ異なりますので、人生いろいろ、ライフワークもいろいろです。ライフワークが心のザワつきを治めてくれる理由は、その特徴にあります。

特徴1:続けることで成長感が生まれる

継続することがライフワークの特徴です。練習をしたり、学んだり、試行錯誤をしたりすることで成長感が得られます。そして成長感は、前向きな気持ちを生みます。釣りは私のライフワークですが、継続するほど知識や経験が増え、不測の事態や難しい状況にも対応できるようになり、こうした中に成長感を感じます。料理の腕が上がる、スポーツで技術が上達する、なども同様でしょう。

特徴2:時間を投資するほど面白さが相乗していく

いわゆる「ハマる」という状態です。こんな工夫で攻略できるのではないか、新しく得たことを試してみよう、などを繰り返し、楽しみのレベルが上がるため、ジワジワとしあわせが増幅します。ライフワークには、こうした「しあわせを倍増させるプラスのサイクル」があります。このサイクルを日常的に手に入れることで、心が豊かになります。将来の楽しみへの期待も高まり、より時間を投資していくことになり、「ハマる」という状態になります。

次ページ休息と充電が同時にできる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。