博物館員とアンコウの常人には理解不能な格闘

漫画「へんなものみっけ!」(第3話)

この女性は誰でいったい何が……!? 動物好き、博物館好きにはたまらないミュージアム・コメディー第3話です(漫画『へんなものみっけ!』より)

博物館のウラ側はとってもアクティブ! 南極の氷、フクロウの巣立ち、深海魚調査、花を愛するおじさま研究者……。博物館は毎日どこかで大騒ぎです。

『へんなものみっけ!(1)』(小学館)。書影をクリックすると、小学館のサイトにジャンプします

市役所から博物館に出向になった薄井透は、そこで鳥類研究者の清棲あかりと衝撃的な出会いを果たします。

知られざる博物館の裏側、そして100年後に届く仕事とは……?

動物好き、博物館好きにはたまらないミュージアム・コメディー『へんなものみっけ!』 より、一部抜粋してお届けします。

磯調査の同行に薄井くん自ら志願!

©早良朋/(小学館)
 
次ページキヨス先生にも慣れてきた様子の薄井くん
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT