テスラの株価が"コロナ後"も快走を続ける理由

ウィズコロナ・ポストコロナの米国企業(1)

一方のテスラは、イーロン・マスクCEOを含め、何かと話題が多く、注目度の高い企業だ。いわずと知れた電気自動車(EV)のベンチャーで、すでに高級セダンタイプのモデルS、クロスオーバーのモデルX、そして現在の主力であるモデル3を展開している。モデル3はようやく量産体制が整い、2019年の生産台数は30万台超と前年比倍増となった。

この1月からはコンパクトSUVのモデルYの生産が始まり、3月にデリバリーがスタートした。同社の販売台数は昨年来、モデルSとモデルXは大幅に減少しているが、それを上回るモデル3の増加とモデルYの追加により、2020年1~3月期は前年同期比40%の大幅な増加となった。

量産体制が整ったとはいえ、モデル3は現在も注文から納車までかなりの時間を要する。アメリカ版のホームページで検索すると、申し込んでから納車までの予想期間が7~11週間と表示されている。

いま申し込んだとして、納車されるのは6月末から7月中となる計算だ。逆算すると、この1~3月期の販売台数というのは、昨年秋から年末にかけてのオーダー分が納入されたものということになる。

テスラ車は完全なEVで、自動運転のシステムを装備している。将来的に利用可能となる完全自動運転のハードウエアも搭載されており、ソフトウエアのアップデートを通じて機能が進化していく仕組みだ。

そのため、ユーザーは環境問題などに敏感な層や、先進技術などに関心の高い層が中心だと考えられる。もちろん、モデル3の最低価格グレードでも3万9990ドル(日本では521万円)と、決して安くはない。

テスラも全米各州で店舗展開を行っているため、当然、新型コロナによる移動や営業の制限による影響は避けられない。ただネットでの注文が主流で、スペックやカラー、オプションなどを設定して簡単に申し込むことができるため、他社より影響は少ないかもしれない。

クルマというより"芸術品"

実は、ニューヨーク株式市場に上場している自動車メーカーで、テスラと似た動きを示している企業がある。イタリアの有名な高級スポーツカーメーカーのフェラーリ(RACE)だ。3月中旬までS&P500とほぼ同じ動きを見せていたが、同月下旬以降、一歩先んじて上昇に転じた。

まさに高級スポーツカーの代名詞ともいえるクルマで、各モデルの正式な価格は確認できていないが、1台20万~30万ドル、日本では3000万~4000万円程度と推測される。納期も1年以上待つケースもあるようで、ユーザーにとっては、クルマよりは芸術品のほうが近いかもしれない。

販売台数は、2018年が10.1%、2019年が9.5%と好調を維持している。新型コロナの影響でイタリアの製造拠点は3月14日から5月3日までの予定で操業を停止しており、5月初旬に公表予定の2020年1~3月期の販売実績が気になるところだが、大きな影響はないとみられる。

GM・フォードと、テスラ・フェラーリの株価の動きの違い。それは中間層を含めた広いユーザー層がターゲットとなるか、テスラのように製品の特性を支持する限定的な顧客層や、フェラーリのような極めて限られた富裕層がターゲットか、による業績への影響度の違いによるものだ。

特に後者のような層は、景気動向や社会の変化に対しても大きく影響されることはない。今回の新型コロナの混乱相場であっても、株価はそうした傾向を映し出したということだろう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT