ブランド化する「イチゴ」知られざる開発の裏側

どんどん大きく、甘くなっている理由とは

「栃木県の生産者がイチゴ栽培を始めた水田の土壌は、肥料の持ちも保水力も高い。また冬場の日照量が多く、鬼怒川などの清流や地下水の豊富な土地柄で、大消費地の首都圏が近い。そして、栃木県の生産者は勤勉さで技術力が高く、地域のまとまりが強い」と植木所長は語る。

栃木県にある「いちご研究所」(筆者撮影)

いちご研究所がつかんでいる近年の市場動向を聞くと、「酸味を嫌い、甘みを好む傾向が強いです。ですから、私たちも甘みを際立たせた、大きくて甘いものを開発しています。他県の出している品種にも、そういう傾向があります。ただ、酸味があったほうが、味が濃厚になる。とちおとめには、そうした甘さと酸っぱさのバランスの良さがあります」と言う。

アジアで存在感を増す「あまおう」

栃木県の開発力の背景には、こうした丹念な調査と、長年に渡る技術力の裏付けがある。そうした蓄積のもとに、私たちは大きく甘くなった、さまざまな品種のイチゴを楽しむことができるようになった。近年改めてイチゴ人気が高まっているのは、そうした魅力ある品種が次々と出ているからなのだ。

もう1つ気になるのは、アジアでのあまおう人気など、輸出農産物におけるイチゴの存在感である。

近年、国は農林水産品の輸出に力を入れており、イチゴもその主力商品の1つ。政府は3月6日に、農林水産品の輸出額を2025年に2兆円、2030年に5兆円に増やす長期目標を決めている。

野菜・果実の中で、イチゴはリンゴ、ブドウに次ぐ3位の輸出額で、2018年には25.3憶円に上っている。2012年には1.8憶円に過ぎなかったことを考えれば、その伸びはめざましい。主要輸出先は、1位が香港で2018年に19.5憶円で突出しており、台湾、シンガポール、タイ、マカオが続く。

政府がイチゴをはじめとする農林水産物の輸出に力を入れるのは、少子高齢化で国内市場の縮小が見込まれていることに加え、アジアを中心に新興国で経済成長と人口増加が進んでいるからだ。

現在は東アジアを中心に富裕層向けのイチゴを輸出しているが、今後は拡大する中間層や、東南アジアその他に向けた輸出にも力を入れる。イチゴにダメージを与えにくく鮮度を保持する包装資材が開発されており、船で運ぶようになれば高級イチゴ以外の出荷も増やせる。

農林水産物と食品の輸出額は、順調に増加してきた。しかし、日韓関係が悪化したことや、香港でデモが過熱したことで、2019年は前年比0.6%増とほとんど伸びていない。しかも、3月以降新型コロナウイルスが世界を揺るがす事態になっていて、リーマンショックと比較されるほど世界経済が冷え込み、輸出の先行きは不透明になっている。

長年の研究者たちの開発努力、生産者たちの努力のたまものである、魅力的なイチゴが、日本の消費者はもちろん、世界の消費者たちのもとに届け続けられることを願っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT