「新型コロナ」を追い風にしてしまう株とは?

株価は決算発表シーズン入りでどう動くのか

いよいよ上場会社の決算。日経平均株価は暴落したが「新型コロナショック」を追い風にしてしまう企業もある。そうした企業とは? (写真:プラナ/PIXTA)

新型コロナウイルスの感染拡大が止まっていない。日本では、とうとう緊急事態宣言が全国規模に広がった。海外で見られる都市封鎖のような強制力を伴うものではないがそれでも都心の人出は減少し、街の風景が変わってしまった。多くの市民が、改めて自分たちは難敵と対峙していると実感しているに違いない。

一方、株式市場に目をやると、市場の重要イベントである決算発表シーズンが近づいている。今回の決算発表は、いったいどのような影響を市場にもたらすのだろうか。

業績が新型コロナに左右されにくい企業とは?

すでに日本電産やコマツ、野村ホールディングス、関西電力など多くの企業が新型コロナの影響で決算発表の延期を表明している。また、予定どおりに決算を発表しても、今期(2021年3月期)の業績見通しを示すことができない企業が相次いでいる。

本来であれば、会社が示す業績見通しを受けて、株価は「好感」「失望」「材料出尽くし」「アク抜け」、といった反応を示す。だが、見通しが出なければ、反応するのも難しい。ということは、今回の決算発表に関しては「予定どおりに決算発表を行って、よくも悪くも今期の業績見通しを示すことができる企業に注目」、ということでいいだろう。

なぜなら、これらの企業は「コロナの影響を受けていない」、あるいは「受けていても軽微にとどまっている企業」などと言えるからだ。感染の拡大がいつごろ収束に向かうのかまったく見当もつかない状況では、業績が新型コロナに左右されにくい企業に安心感があるだろう。

例えば国内でITサービスが堅調でテレワークがパソコン需要を刺激しそうなNEC(6701)や5G基地局向けなどで電波測定装置の伸びが続いているアンリツ(6754)、そして消費減退の影響を受けにくいNTTドコモ(9437)をはじめとする通信キャリアなどは安心して決算発表を迎えることができそうだ。

設備投資から個人消費、さらには電鉄や航空まで、幅広い業種で新型コロナが業績の足を引っ張る恐れがあるだけに、新型コロナに負けない企業の存在感は決算発表を経て一段と強まることになるだろう。

次ページ新型コロナ対策に貢献できる企業にも関心
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT