「閉塞の中のアイデア」こそが「市場を創る」理由

創造へのヒントは「他者への優しさ」にある

そんな都合のいい繊維素材があるというのか。実際にある。4年前、大手繊維素材メーカーと同社の素材を使う織布メーカーの勉強会でセミナー講師に呼んでいただいたときに、雑談していて、「こんな天の羽衣みたいな素材ができたのですが、何に使えばよいでしょうか?」と見せられたのを、ふと思い出した。

日本の製造業は、優れたシーズをたくさん持っている。優秀なエンジニアや研究者たちの努力の成果である。それなら、それが社会のどこにどのように応用されるか、そちらを頑張って考え、提案普及させる努力もしないと、使われないままシーズが滞貨になって技術者たちが報われない。

技術資源に釣り合うだけの文化開発こそを、意図的にしっかりやっていただくことが不可欠ではないだろうか。

家の中まで土足で上がる欧米の習慣も、近年は少し変わり始めたらしいが、ここで改めてウイルス感染防止の観点から問題が指摘されている。そこで日本から新しく「屋内では靴を脱ぐ」文化を提案すれば、少しずつでも置き換わっていく可能性がある。

もちろん、何千年と続いてきた旧習を変えるのだから工夫が必要で、「一見すると革靴にも見えるスリッパ」などと調整しないと、足首から上のファッションとフィットせずに違和感があるだろう。

しかし、そうした意匠の工夫で「屋内では靴を脱ぐ生活」への突破口を開けば、「日本的ライフスタイルもいいものだ」と改めて着眼されて、あわよくば座椅子・座布団・掘りごたつと「靴を脱いでこそリラックスできる暮らし」のエコシステムに丸ごと人気が出るかもしれない。それが日本から生活消費財、日用品を提案供給する新文化の開発と展開につながる。

それを実現するためにも、ここは社会が一致協力して、「日本社会はどうやってコロナ禍を克服したのだろうか?」と思われるようにして、ソフトパワーに説得力を持たせなければいけない。今は確かに不安と閉塞感に陥りがちだが、どうか希望を持って、耐えるべきは耐え、互いの生存のために頑張りましょう。

生活上の新コンセプトの商品が生まれる

日本社会も、今は医療崩壊を避ける正念場である。人々はさまざまな状況の急変に直面して、右往左往しているありさまだが、その合い間にも、いろんなアイデアのきっかけに出会うはずである。社会が大きく変化するときは、新しいコンセプトの商品が考案・創案される契機である。

医療関係者は非常な困難に立ち向かわれていて、その方々にはまったく敬意を表する以外にない。そして医療関係者以外も今、変化に対応するために、試行錯誤して困難な生活を支えようとしている。そこでは急場しのぎのありあわせでしのがなければならないことも多々あるだろう。

しかし、筆者が取材研究してきた多くのクリエイティブな文化の開発者たちに共通していたのは、自分のみならず、周囲に困っている人がいたら助けたくなって仕方がないようなお人柄、つまり、他者への「優しさ」を持ったパーソナリティだった。それでこそ、ありあわせでも優れた創造性を発揮できたのである。

そして、この閉塞の中でこそ、それでも希望を失わず、未来を切り開いていくのは、悪疫の中にあっても、やはり「優しさ」が基盤になった創造性だと筆者は思う。

そしてそれは誰か、特別に才能がある人にだけできることではなく、私たちみんなの中に潜在しているものである。私たちが今、自宅に籠もっているにしても、その「ここ」こそが、私たちがイノベーションを起こすべき現場であり、私たちがその担当者である。

最後に、私の好きな魯迅の短編「故郷」の一節を引用させていただきたい。「希望とはあるとは言えないし、ないとも言えない。それは道のようなものである。地上にもともと道はない。歩く人が多くなれば、それが道なのだ」

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。